きらッコノートさんで記事が紹介されました

プロフィール

nanaco

こんにちは。ブログ運営者のNanacoです

わざわざプロフィールまで見に来てくださってありがとうございます。

東京の郊外で夫と2人家族、夫の両親と二世帯住宅で暮らしています。

なんだかんだで50代です。

このブログでは、

  • スピリチュアル
  • パワースポット
  • 英語・留学
  • ライフスタイル

など、私の体験をとおして情報発信しています。

最初は私が読んできたスピリチュアル本のことを書きたくてブログをはじめました。

スピリチュアルな視点で物事を見られるようになって、人生が少しずつ楽になっていったからです。

あ、私は何か見えないものが見えるとか、聞こえないはずの声が聞こえるとか、そんな経験は一切ありません。

でもそんな私だから伝えられることもある、と開き直ってみました。

あちこち頭をぶつけてきた私の経験が、何かの役に立ったら嬉しいです♪

私は女優になる!

思い返せば、小学校時代からクラス会の劇で主役を演じ、中学校の演劇部でも主役を演じていました。

すっかり私には演技の才能があると思い込み、将来は女優になる!と決意します(汗)

20歳の時に舞台俳優の加藤健一さんの俳優養成所に入り、演劇の世界に足を踏み入れました。

とにかく楽しくて、どうしたら演技が上手くなるか、そればかり考えていた毎日。

その後 23歳の時には劇団四季のオーディションに合格し、大きな舞台を経験する幸運に恵まれました。

ミュージカルはおろか、歌やバレエのレッスンも受けたことがないのに、なぜ合格できたのかは謎(笑)

初舞台でアンサンブルとしてバレリーナに混ざって舞台に立った私に、1人の大先輩が近づいてきました。

ひゃ~、私の踊りがヘタクソだから怒られるんだ~と身をすくめた瞬間、

「あなた、すごくよかったわよ」

nanaco

、、、へ?

私が舞台で役を生きていたと褒めてくれました。

今思い出しても、あれは本当に嬉しかったです。

いわゆるドサまわり(笑)で全国を巡業したのも旅行みたいに楽しかったいい思い出。

しかーし、勢いだけで上手くいくほど甘い世界ではありません。

必死で食らいつきましたが、アンサンブルの役がもらえるかどうかの綱渡り状態が続き、3年間の奮闘ののち退団しました。

それからは芸能プロダクションにも所属しましたが、仕事はいっこうにとれません。

いつまでたっても売れない、仕事がない。

好きなことをやっているはずなのに楽しくない。

それどころかなんだかツラい…

スピリチュアル系の本を読んで自分を勇気づけはじめたのも、この頃からです^^;

「いったい私は何をやっているんだろう?」

好きで始めたことだったのに、なにか人生を大きく間違えてしまったような気持ちでした。

ある日、電車の窓に映ったのは、疲れ切った自分の顔。

「もうやめよう」

ずいぶん時間がかかったけれど、ふと踏ん切りがつきました。

nanaco

そうだ、海外に行こう!

人生を変えたくてシドニーに

この時すでに30代半ばを過ぎていましたが、「人生に遅すぎることなんかないはずっ!」というわけで、語学留学を決意。

もともと英語が好きで話せるようになりたかったのと、環境を変えることで人生を変えたいと思ったからです。

留学先はオーストラリアのシドニーにしました。

当時、エクスチェンジレッスンをしていた女性がシドニー出身で、彼女の生活すべてが魅力的に感じたのです。

シドニー留学のまとめ記事はこちらです。

シドニーに行ったのは大正解!

年下のクラスメートたちと英語で過ごす毎日は、とっても刺激的で、久しぶりの学生生活にワクワクしっぱなしでした。

オーストラリア人のホストファミリー、シェアメイト、友人、恋愛、旅行、アルバイト etc… シドニーでの1年間は私の世界を180度変えたと言っても過言ではありません!

nanaco

ブログのタイトル「Have fun!」は、ホームステイ先の女の子が、毎朝私にかけてくれた言葉です

今でも目を閉じると「楽しんできてねー!」という彼女の声がはっきりと聞こえてくるのです。

語学学校を予定より早く卒業し、現地の専門学校にも通うことになった1年間。

夢中で過ごした日々は、文字通りあっという間に過ぎ去りました。

英語を使う仕事

帰国後は、海外に行ってまで英語を勉強してきたのだから、なんとか仕事にしなければ!と必死でした。

英語を使う仕事でやってきたのは、

  • 外資系企業の派遣社員
  • 日本語教師
  • 映像翻訳者

映像翻訳のまとめ記事はこちらです。

 

英語を使う仕事に就きながらも、私はいつも英語力が足りないという思いに苛まれていました。

本当は実力がないのに、できるふりをして乗り切っていたから、心の中はいつも「もっと実力をつけなくちゃ!」という焦りでいっぱい。

気づけば、演劇と同じように英語の仕事でも行き詰っていました。

いつまでやっても満足にできるようにならない…

nanaco

そんな時、ある人の言葉にハッとしました。

「いつまでも英語ができなくて辛いのは、人に認められたいとか、自分に自信を持ちたいとかでやってるから」

・・・

私が直接言われた言葉ではなかったのですが、これを聞いた時すべてのことがつながったような気がしました。

演劇でも英語でも、私はいつのまにか誰かに認められることを優先していたから、同じ壁にぶつかり苦しくなったのかもしれません。

本当は誰かの承認なんかいらなかったんです。

自分で自分を認めればいいだけ

 

それからは今の私の精一杯の英語で相手に接しました。

そうしているうちに、いつの間にか自分の能力不足も周りの評価も大して気にならなくなっていました。

問題は、実は英語力不足だけではなかったように、目の前に起こることは心の中が原因だったりします。

心のあり方や、物事の見方を少し変えるだけで、世界がまったく違うものになるんです。

やっぱり心のことって面白い。

これからもスピリチュアルな視点をうまく使って、新しい時代にもどんどん成長していきたいと思ってます。

これからはもっともっと見えないものが大切になる時代だとか!

F1観戦が趣味に

現在の私の趣味は、F1が大大大好きな夫の影響で、F1観戦になりました。

夫と海外のレース地に観戦旅行に行くのが楽しみ。

ちなみに、今までの観戦地は、

夢はモナコでパドッククラブ!

観戦旅行の様子や、観戦の際に役に立つ情報などもアップしていくつもりです。

長くなりました。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

nanaco

あなたの願う幸運があなたに訪れますように