引き寄せの法則を英語でも考えてみる「ザ・シークレット」

こんにちは。最近は英語を話せる気がしないNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「引き寄せの法則を英語でも言いたい」

 

スピリチュアルが好きな人でなくても、今はもう普通に受け入れていると思う「引き寄せの法則」

わたし個人的には、2007年にこちらの「ザ・シークレット」という本が出回ったころから、一気に引き寄せの法則が広まったような気がします。

さて、私は英語を使う仕事をしていたこともありますが、最近では英語を使う機会もなく、英語力に陰りが見えてきました(笑)

引き寄せの法則のことは、もうわかってるよ~という方が多いので、今日は一緒に英語も勉強しちゃおう!と思い立ちました。

というわけで、よかったらお付き合いくださいね!

では、さっそくみていきましょ~

スポンサーリンク

引き寄せの法則を英語で

引き寄せの法則は、英語で The law of attraction

the law (名詞)法律、原則、法則など

attraction(名詞)引きつけること、引きつける力、魅力のあるもの など

テーマパークにあるアトラクションですね。

 

引き寄せの法則は、あなたが思っていることを引き寄せ、それが現実になるという法則。

では、その使い方を説明しますね。

  1. Step1 お願いする (ask)
  2. Step2 信じる (believe)
  3. Step3 受け取る (receive)

はい、これだけです。

私たちはいつも思考しているので、意識せずに引き寄せの法則を結構使ってるんですよね。

次で使い方を1つずつ詳しくみていきます。

引き寄せの法則を使う

では、さっそく引き寄せの法則を使ってみましょう。

Step1 お願いする(ask)

What do you really want?

あなたが本当に欲しいものは何ですか?

まずは、宇宙にお願いします。

あなたが本当に欲しいもの、なりたいものです、制限はありません

あなたの人生で望むことは、何でもできるとのこと。

ただお願いするだけなので、気楽にお願いしてみましょ~

しかも!

You do not have to ask over and over again.

何回も注文する必要はありません。

Just ask once.

1回でいいのです。

■ over and over again (副詞) 何度も

over and over だけでも同じ意味です。

nanaco

つい何回もお願いしたくなるのは私だけ?

Step2 信じる(believe)

You must believe that you have received.

お願いしたものが、もうすでに手に入ったと信じなければなりません。

■ 上の英文は、第3文型のS(主語)+ V(動詞)+ O(目的語)

S = You

V = must believe

O = that you have received

that節は、that you have received「あなたはもう手に入れたこと」という名詞(名詞節)です

nanaco

いやいや、そんな簡単に信じられないよ~

ここで大切なのは、感覚、感情です。

たとえば、旅行の予約をしたとき「わ~い、旅行だ~」ってなりませんか?

まだ先のことだけど、もう決まっているから、今嬉しく感じます。

コンサートのチケットを買ったら、もうワクワクしますよね?

まだ行ってもいないのに、会場を想像するだけで、今嬉しく感じます。

あなたの願いも、もう叶うことが決まっているなら?

それを想像するだけで、今嬉しく感じますね~

 

nanaco

でも、どうやって叶うんだろう?

はい、やってしまいがちなのが、この「どうやって」なんです!

でも宇宙はちゃんと方法を知っているので、考えなくていい。

というより考えない方がいい。

宇宙にお願いしておきながら、どうやって叶うか考えることは、宇宙を信頼していないことになっちゃいますから。

You don’t need to know how it’s going to come about.

それがどのように起こるのか、知る必要はありません

■ こちらの英文も先ほど同じ第3文型のS+V+O

Oの目的語が、how it’s going to come aboutで「それがどのように起こるのか」

疑問節で名詞の扱いになります

come about(句動詞): 起こる、生じる

英文はちょっと長くなると「うっ」と思ってしまうけど、I have a pen.と同じSVOの文章だと気づけば簡単に思えますね。

では、引き寄せの法則のStep3に進みましょう。

 

スポンサーリンク


Step3 受け取る(receive)

そりゃ~、欲しいものが来たら受け取るけど、まだ来てもいないのに、どうやって受け取るの?

ここがわからないところでした。

When you are feeling good, you are on the frequency of receiving.

あなたがいい気分でいるとき、あなたは受け取る周波数上にいます

■ frequency(名詞): しばしば起こること、頻度、周波数

周波数という意味があるとは知りませんでした~

つまり、受け取るとは、いい気分でいること

受け取っている嬉しい周波数と、同じ周波数でいることが大事だったんです。

受け取った時の気持ちを想像してみてください。

いい気分ですよね、その気分、その周波数に合わせておくんですね。

So, feel good now.

だから、今 気持ちよくなってください

実は私、このStep3「受け取る」は、他の引き寄せの本などを参考にしないとわかりませんでした~

わかったのも割と最近だったりします(汗)

Step3は「受け取る」じゃなくて、「いい気分でいる」にしてほしいんですけどー

 

最後におまけです。

ザ・シークレットの映画

ザ・シークレットは、映画にもなっています。

参考までに、英語で字幕なしバージョンですが、最初の20分間のYouTubeを貼っておきますね。

ちょっとミステリータッチになっていて、最初に観た時はなんだかワクワクしました。

私は、英語のほうがよくわからない分、よりミステリアスに聞こえて好きなんですよね~

それから記事中の英語は、オーディブルの英語版「ザ・シークレット」を参考にしました。

では、今日のお話を簡単に振り返っておきましょう。

まとめ

引き寄せの法則は、英語で The law of attraction

使い方は

  • Step1 お願いする (ask)
    あなたの人生で望むことは、何でもできる
  • Step2 信じる (believe)
    どうやって叶うのかは考えない
  • Step3 受け取る (receive)
    受け取るとは、いい気分でいること

あとがき

「このフレーズ、英語でどう言うのか知りたいな~」なんて思うことがあります。

難しい英語が知りたいわけじゃないけど、ちょっと気になる、という私の思いを記事にしました。

人間関係についても英語を勉強しながら書いています。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です