こんにちは。家のクリーニングもしなきゃのNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「結果にこだわらないって何?」

「いいこともクリーニングって?」
 
 
「アロハ!」は、著者の平良アイリーンさんがヒューレン博士から得た気づきについて書いています。
 
博士から言われた言葉と、著者の気持ちの変化を素直に語っていて共感できました。
 
ホ・オポノポノのクリーニングって、わからないことが多くないですか?
 
私はわからないどころか最初はちょっとひきました(笑)
 
今でも理解できているかどうか定かではありませんが、簡単でおもしろい問題解決法だと思っています。
 
というわけで、今日は私がわからなかったことをお話ししますね。
 

スポンサーリンク

ホ・オポノポノのクリーニング


 
ホ・オポノポノのクリーニングは、不思議でわからないことが多いですよね。
 
私は意味はわからないけど、とりあえず自分によさそうなとこだけ使おうと思いました。
 
4つの言葉を言えばいいだけならやっておこう、というノリです。
 

やってみて、おそらく多くの人がつまずくと思うのが、
 

  • 結果にこだわらない
  • いいこともクリーニング

 
これはハテナ?ではないでしょうか。
 
…というか私が「何それ?」と思ったところなんですが。
 

では、1つずつ詳しく見ていく前に、基本を少しだけお話しさせてください。
 
他のホ・オポノポノの記事にも書いているので、簡単に済ませますね。
 

ホ・オポノポノでは本来の私たちで生きるために過去の記憶をクリーニングします。
 
過去の記憶とは、私たちが生まれてからの過去だけではなく、この宇宙ができてからの記憶。
 
起こる出来事は、そんなものすごい量の記憶が再生されていると考えています。

 

もう何がなんだかわかりませんが、ひとまずそういうものだと思ってください(汗)
 
とりあえず、1つずつ見ていきましょう。
 

結果にこだわらない


 

ホ・オポノポノのクリーニングをする一番の目的は、問題を解決したいからですよね?
 
それなのに、結果にこだわらないって何?
 

nanaconanaco

意味が分からない!

どうして結果にこだわらないようにするのでしょうか?
 
なぜなら、いい結果を期待することも記憶だから。
 
期待するとクリーニングの流れが滞ってしまうのだそうです。
 
えー、それは困りますね。
 
そういうことだったんですね~
 
 
nanaconanaco

それでも期待しちゃうよ

私が最初にホ・オポノポノの本を読んだのは、仕事の問題を解決したかったからです。
 
当然、私はいい結果を期待してクリーニングしていました。
 
だって「うまく転職したい」「いい仕事に就きたい」と思いますよ~
 
この記事です。
 

でも期待しちゃったら、その期待もクリーニングすればいいそうです。
 
期待したらダメだとか難しく考えないで、その期待をクリーニングしよう!でいい。
 
フムフム、それならできるかも。
 

次は、もう1つも見ていきます。
 

いいこともクリーニング?


 

問題を解決したい時に使っているホ・オポノポノ。
 
いいこともクリーニングと言われたときには「は?」と思いました。
 
いやいや、なんでせっかくの楽しいことをクリーニングしなくちゃいけないの?と。
 
好きな気持ち、満足感、大切な記憶、それまでクリーニングしろという意味がわかりません。
 

nanaconanaco

いい思いを消したくない!

でもそれは勘違いでした。
 
記憶の消去といっても、失うことではなかったんです
 
嫌なことがあった時に、それを消したくてクリーニングするから混同しました。
 
ホ・オポノポノのクリーニングは自分の記憶だけではなく、潜在意識にため込まれてきた記憶を消去すること。
 
思い出をなくすとか、楽しいことを忘れるとか、そういう事ではないんですね。
 
 

ホ・オポノポノで大切なのは、私たちがゼロになること。
 
そのためのクリーニングです。
 
例えば、何かでいっぱいになってるグラスと、空っぽのグラスをイメージするとわかりやすいかもしれません。
 
いっぱいだとそれ以上入らないけど、空っぽのグラスには入りますよね。
 
私たちが空っぽの状態なら、インスピレーションを受けやすくなるのです。
 
日本語だと「ひらめき」って感じですね。
 
ほら、よく何か素晴らしいことを思いついた時に、降りてきたとか言うじゃないですか。
 

nanaconanaco

言う言う!

どこから降りてきたのかは、神とか宇宙とか呼び方はなんでも、私たちは何か大きな存在からだと感じています。
 
ゼロになると、そういう大きな存在に助けてもらいやすくなるんですって。
 
ホ・オポノポノでいうとディヴィニティ―(神聖なる存在)ですね。
 
とにかくゼロの状態でいられるのがベスト。
 
だから、これはクリーニングしたくない!ではなくて、全部クリーニングでよかったんです。
 
 
私はここがわかるような、わからないようなモヤモヤポイントでした。
 
ホ・オポノポノのクリーニング、今はやっとおもしろいと思えるようになりました。
 

では、今日のお話を簡単に振り返っておきましょう。
 

まとめ

  • ホ・オポノポノでクリーニングするのは過去の記憶
  • クリーニングの結果にこだわらない
  • 期待することでクリーニングの流れが滞ってしまう
  • いいことも悪いこともクリーニング
  • クリーニングは失うことではない

 
 

あとがき

今、目の前で起こっていることが記憶だとしたら…
 
嫌なことでも「潜在意識にはこんな記憶もあるのか」と思って少し落ち着けます。
 
なーんてエラソーに言ってますが、できてるわけではありませんよ~
 
目の前の出来事に毎日普通にオタオタしております(汗)目指せゼロ。
 
最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。
 

 
スポンサーリンク

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク