きらッコノートさんで記事が紹介されました

映像翻訳者の間で話題になった本は?「字幕屋のホンネ」

こんにちは。一度は奥深い字幕の世界にハマったNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「映像翻訳についての面白い本はある?」

 

「字幕屋のホンネ」は、2007年に出版された「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」を加筆・修正し2019年に文庫本になったものです。

本の題名は、当時大流行した「世界の中心で愛を叫ぶ」をもじったものでしょう。

映像翻訳の世界はちょっと特殊なので内情がよくわかりませんね。

謎に包まれた世界を、映画字幕翻訳者の太田直子さんが赤裸々に語ってくれています。

太田さんは字幕翻訳がご専門(吹き替え翻訳もされてます)で、字幕翻訳の苦労話が盛りだくさん。

業界の人は首が痛くなるほど、うなづいてしまうでしょう。

業界の片隅のさらに端っこにいた私でさえ、身につまされてしまうほどです。

それでも、やっぱり映像翻訳の世界は面白い!

ということで、さっそく紹介しますね。

 

スポンサーリンク

映像翻訳のことがわかる本

「字幕屋のホンネ」は、もともと「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」です。

私が映像翻訳の学校に通っている時に、学校内でものすごく話題になりました。

著者の太田直子さんは、映画字幕翻訳者です。

2007年の時点で翻訳者歴約20年!

それでも、自分のことを「業界ではまだまだ尻の青いガキ」だと言っています。どんだけ~

太田さんの主な字幕翻訳作品は、こちら。

  • 「コンタクト」
  • 「17歳のカルテ」
  • 「初恋のきた道」
  • 「アザーズ」
  • 「シュレック2」
  • 「エルミタージュ幻想」
  • 「ヒトラー 最後の12日間」
  • 「バイオハザード」シリーズ
他 1000本以上

ひゃ~~、すごいー、しかもサラっと言ってますが他1000本以上って。

 

映像翻訳については、翻訳の種類や方法など、専門誌や専門サイトに書かれています。

しかーし、そこではとてもカバーしきれない、めちゃめちゃ細かくて、面倒くさいルールがたくさんあるのです。

こんなに苦労をして字幕を作っているとは、おそらく誰も思わないでしょう。

是非とも知っていただきたい!

というわけで、どんな内容なのか簡単にご紹介します。

字幕屋のホンネとは?

字幕には 1秒間に4文字というルールがあるのはご存知かもしれません。

それ以外にも様々な細かいルールと制約があります

なぜなら、字幕が出ている間に読んでもらなければならないから。

nanaco

ん?とひっかかっても戻って読み返せない

だから、字幕は無駄なものは省き、すっきりしているのが望ましいのです。

それから、読めない漢字はルビ(ふりがな)をふるか、ひらがなにします

文字数が少なくしたいので、なるべく漢字で書きたいところですが、多くの人が読めない漢字を使うわけにはいきません。

ただ字幕の場合、あまりルビがあると見た目にわずらわしい。

あと限られた時間内で読んでもらうためには、ルビがないほうが読みやすい。

そうなると、ひらがなと漢字の混ぜて書くものが出てきたり。

わかりにくい場合は、字幕そのものをまた一から練り直す必要があるのです。

 

それから、キャラクターによっての言葉遣いも大切。

たとえば男性の場合、英語では「I」ひとつでも、日本語では

など、キャラクターによって使い分けないとおかしなことになります。

8歳の少年なら「僕」にしたいし、荒々しい男ならやっぱり「俺」にしたい。

 

女性の場合は語尾も気になります。

  • 「~わ」
  • 「~よ」
  • 「~ね」
たとえば「うれしいわ」「お客さんよ」「すてきね」

勝手にキャラづけしてもいけないし、つけなすぎてもいけない。

そういうところにも翻訳者は頭を悩ませているんですね。

 

次に日本の字幕はすごいというお話しです。

 

スポンサーリンク

日本の字幕は世界一

自慢するつもりはないが、日本の字幕はまちがいなく世界一クオリティーが高い。

きゃー、太田さんカッコイイ~

ほんの少し字幕をかじっただけの私でもそう思います。

お前が言うな、と怒られそうですが、才能ある映像翻訳者たちが、少しでもいい字幕を生み出そうと七転八倒していることはわかっているつもりです。

他にも、放送禁止用語には当然気をつけなければいけないし、商品名や会社名が出せなかったりもします。

あちらにもこちらにも気を遣いまくって本当に大変なんです。

外国人の長~い名前も文字数がかかって困ります(名前だから仕方ないけど)

何を隠そう字幕屋さんは、がんじがらめのルールの中で字幕を作っているのです。

 

苦労して生み出される字幕ですが、こんなに考えたって字幕なんて誰も覚えていません。

でも、そのほうがいいのだと、映像翻訳学校で教わりました。

字幕なんてあったっけ?と言われるくらいがいい。

なぜなら、字幕に気づかないくらい自然に映画を観ていたことになるから。

nanaco

思いもしなかった考え方に感動した私でした

あとがき

この本は2007年の本なので、表記のルールなどが変わっているところもあるでしょう。

でもそれはメディアという日々最先端のものを追いかける世界の常ですね。

この本が素晴らしいのは、一流の映像翻訳者の仕事の仕方、考え方に触れられるところ。

そして面白いのは、翻訳者の心からの叫び(笑)を聞くことができることです。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です