【2019年 太田直子】

こんにちは。一度は奥深い字幕の世界にハマったNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
 
「字幕屋のホンネ」は、2007年に出版された「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」を加筆・修正し2019年に文庫本になったものです。
 
「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」は私が映像翻訳の学校に通っている時に話題になっていました。
 
本の題名は、当時大流行した「世界の中心で愛を叫ぶ」をもじったものですね。
 
 

映像翻訳はちょっと特殊な世界なので内情がよくわかりません。
 
謎に包まれた世界を、映画字幕翻訳者の太田直子さんが赤裸々に語ってくれています。
 
太田さんは字幕翻訳が専門(吹き替え翻訳もされてます)
 
字幕翻訳の苦労話が詰め込まれていて、業界の方は首が痛くなるほど、うなづいてしまうことでしょう。
 
業界の片隅のさらに端っこにいた私でさえ、身につまされてしまうほど。
 
それでも、やっぱり映像翻訳の世界は面白い!
 
ということで、さっそく紹介しますね。
 

スポンサーリンク

映像翻訳のことがわかる本


 
著者の太田直子さんは、映画字幕翻訳者です。
 
初版の2007年の時点で翻訳者歴約20年。
 
それでも、自分のことを「業界ではまだまだ尻の青いガキ」だと言っています。どんだけ~
 

主な字幕翻訳作品
  • 「コンタクト」
  • 「17歳のカルテ」
  • 「初恋のきた道」
  • 「アザーズ」
  • 「シュレック2」
  • 「エルミタージュ幻想」
  • 「ヒトラー 最後の12日間」
  • 「バイオハザード」シリーズ

他 1000本以上

 
ひゃ~~、すごい、すごすぎるー
 
 
翻訳の種類や手法などについては、専門誌やサイトにも書かれていますね(私もこのブログで記事にしています)
 
しかーし、そういった説明ではとてもカバーしきれない、めっちゃめちゃ細かくて、面倒くさいルールがたくさんあるのです。
 
こんなに苦労をして字幕を作っているとは、おそらく誰も思わないでしょう。
 
是非とも知っていただきたい!
 
というわけで、次で少しだけ内容をご紹介します。
 

そんなに叫んでどうするの


 

字幕は無駄なものは省き、すっきりしているのが望ましいのです。
 
太田さんが字幕の恩師から言われて印象に残っていることは、
 

  • もともと日本語の文章に「?」や「!」はなかった
  • むやみやたらと字幕原稿に「?」や「!」を使うな
    見た目にうるさいだけ

 
 
ですが、最近はとかく「!」が多く使われているとのこと。
 
言われてみるとその通りですね。
 
これがケンカで怒鳴りあっているシーンの字幕では「!」だらけになったりします。
 

「きさま!」
「ふざけんな!」
「おい! やめろ!」
「何しやがる!」
「ジャック! 落ち着け!」
「ヤバいぞ! ズラかれ!」
「待て! この野郎!」
「くそ! 覚えてやがれ!」
「早く!」
・・・・・・実にうるさい。

 
太田さんが「実にうるさい」とボソッと言ってる感じが面白いです。
 
ただ、登場人物が叫んでいるのに「!」がないと間が抜けた感じになることも。
 
翻訳者としては、もどかしいところですね。
 
まあ、字幕はどんどん切り替わるので「!」がたくさん使われていても気づかないかもしれませんが。
 
 
太田さんは、大声で叫んでひたすら主張していないと不安な現代の心性を表しているように感じると言っていました。
 
おおー、なんかわかるー!
 
あ、しまった、私もつい使ってしまった…
 

ルビと混ぜ書き


 
字幕では、読めない漢字はルビ(ふりがな)をふるか、ひらがなにします。
 
文字数が少ない方がいいので、なるべく漢字で書きたいところですが、多くの人が読めない漢字を使うわけにはいきません
 
ただ字幕の場合、あまりルビがあると見た目にわずらわしいんです。
 
それに、限られた時間内で読んでもらうためには、ルビがないほうが読みやすいんですね。
 
そうなると、ひらがなと漢字の混ぜて書くものが出てきます。

たとえば、

  • 拿捕 → だ捕
  • 挽回 → ばん回

こう書くことになるんですね。
 
他にもいくつか載っていたけれど、調べたら現在では使える漢字になっていました。
 
 
それから、字幕は決められた時間内に読んでもらわなくてはいけません。
 

nanaconanaco

ん?とひっかかっても戻って読み返せないのです

太田さんがあげた例に笑ってしまいました。
 
「骨とうにはまっています」
 
骨董に、と書きたいところですが「董」が常用漢字ではないので、ひらがなに。
 
字幕には「、」が打てないので、区切るところもわかりません。
 
そうすると「骨とウニは待っています」とも読めますね。
 
骨とウニが何を待ってるんでしょうか?
 

こんなふうにわかりにくい場合は、字幕そのものを練り直す必要があるでしょう。
 
字幕屋さんは、そんながんじがらめのルールの中で字幕を作っているのです。
 

次はキャラクターによる言葉遣いをみてみましょう。
 
  スポンサーリンク

 

キャラによる言葉遣い


 
たとえば男性の場合、英語では「I」でも、日本語ではキャラクターによって

と使い分けないとおかしなことになります。
 
※私がやっていたころは「俺」は漢字が使えませんでした。
 

nanaconanaco

もう全部「私」でいいんじゃない?

でも8歳の少年なら「私はお腹がへった」ではなく「」にしたいし
 
腕に刺青をした荒々しい男が相手を殴りながら「私をナメんじゃねえ!」もおかしい、と。
 
 

そして、女性の場合は語尾問題があります。

  • 「~わ」
  • 「~よ」
  • 「~ね」

 
たとえば「うれしいわ」「お客さんよ」「すてきね」など。
 
著者の太田さんは、実生活で「~わ」とは言わないのに、字幕で使うことにもジレンマを感じていました。
 
でも登場人物の雰囲気で「~わ」のほうがしっくりきたりするんですよね。
 
勝手にキャラづけしてもいけないし、つけなすぎてもいけない。
 
そういうところにも翻訳者は頭を悩ませているのです。
 

最後に日本の字幕はすごいというお話しです。
 

日本の字幕は世界一

自慢するつもりはないが、日本の字幕はまちがいなく世界一クオリティーが高い。

 
きゃー、太田さんカッコイイ~
 
ほんの少し字幕かじっただけの私でもそう思います。
 
お前が言うな、と怒られそうですが、才能ある映像翻訳者たちが少しでもいい字幕を生み出そうと、日々七転八倒していることはわかっているつもりです。
 

他にも、放送禁止用語にはめちゃくちゃ気をつけなければいけないし、商品名や会社名が出せなかったり。
 
あちらにもこちらにも気を遣いまくって本当に大変です。
 
外国人の長~い名前も文字数がかかるので困ります(名前だから仕方ないけど)
 
 
苦労して生み出される字幕ですが、こんなに考えたって誰も字幕なんて覚えていません
 
でも、そのほうがいいのだと、映像翻訳の学校で言われました。
 
字幕なんてあったっけ?と言われるくらいがいい。
 
なぜならその人は、字幕に気づかないくらい自然に映画を観ていたことになるからです。
 

nanaconanaco

思いもしなかった考え方に感動した私でした

あとがき

 
この本は2007年に書かれているので、細かいことは(常用漢字とか)変わっているでしょう。
 
ただ、一流の映像翻訳者の仕事、考え方、そして心からの叫び(笑)に触れることができるのは確かです。
 
最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。
 

 
 
  スポンサーリンク

 
 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク