茶道 本 おすすめ

こんにちは。着物で優雅にお茶を点ててみたいNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「日日是好日は茶道の本?」

「日日是好日ってどういう意味?」
 
 
「日日是好日」はエッセイストの森下典子さんが、茶道のお稽古から得た人生にとって大切な気づきを綴っています。
 
映画化もされて、主演を黒木華さん、お茶の先生役を樹木希林さんが演じたことでも話題になりました。
 
なにを隠そう茶道を習ってみたい私。
 
でもちゃんと習うとお金がかかりそうだし、着物も買わなくちゃいけないのかしら?などと考えて結局はやらずじまいです。
 

「日日是好日」は、著者と一緒に茶道のお稽古をしているような気分になりました。
 
心にしみるとてもいい本だったので、今日は「日日是好日」をご紹介します。
 

スポンサーリンク

 

日日是好日とは?

森下典子 日日是好日

 
「日日是好日」は茶道の作法や手順などを書いたハウツー本ではありません。
 
著者の森下典子さんが、お茶のお稽古を通して、自分と向き合い、少しずつ自分の成長に気づいていく様子を描いています。
 
お茶を習い始めた頃は、自分が何をやっているのかすらわからなかった森下さん。
 
25年間お稽古を続けていくうちに少しずつ、おぼろげながら見えてきたといいます。
 

nanaconanaco

25年やっておぼろげって…

「日日是好日」のサブタイトルは「お茶が教えてくれた15のしあわせ」です。
 
15のしあわせは、各章のタイトルになっていて、森下さんが段階を経て少しずつ日々の幸せに気づいていく様子が描かれています。
 
たとえば、

  • 「自分は何も知らない」ということを知る
  • 頭で考えようとしないこと
  • 今、ここにいること
  • このままでよい、ということ
  • 自分の内側に耳をすますこと

 

nanaconanaco

あれ?なんかめっちゃスピリチュアル

今ここにいるとか、自分の内側に耳をすますとか…
 
私は、茶道とは単純に古くからのお茶の淹れ方を習うもの、そして着物の所作を習うお稽古事だと思っていました。
 
でも実は、お茶を通して心を整えていくお稽古でもあったのです。
 
物事のとらえ方や感じ方が変わり、自分の内側から満たされていく
 
お茶と向き合うことは、自分と向き合うことなんですね。
 
茶道をやってみたい人にはもちろん、茶道をやらない人にもおすすめの本です。
 

そうそう、日日是好日の意味にも触れておきましょう。
 

日日是好日の深い意味

森下典子 日日是好日
 
日日是好日」の読み方は「にちにちこれこうじつ
 
「にちにちこれこうにち」とも読みます。
 
意味は、毎日がいい日。
 
「そうね~、毎日いい日にしたいわね~」なんて感想で終わりそうですが、これには深い意味がありました。
 

その日を十分に味わえば、悪い日なんて存在しない
 
森下さんは茶道をとおして、そのことに気づきます。
 

雨の日は、雨を聴く。雪の日は、雪を見る。夏には、暑さを、冬には、身の切れるような寒さを味わう。……どんな日も、その日を思う存分味わう。

 
雨の日に「あー、雨だ~、チッ」ではなく(笑)雨を聴きます。
 
雨にもいろいろありますね、夕立だったり、しとしと雨だったり、どしゃ降りだったり。
 
その雨の音をただ聴くんですね。
 
もしそうやってその日を存分に味わえたなら、毎日が特別な日になります。
 
自分にとってひどいと感じる日でさえも味わえるようになると。
 
日日是好日。毎日がいい日とは、そういう意味でした。
 
何年も何年もお稽古を重ね、体感としてわかることなのでしょう。
 

ひどい一日でさえ味わえるように…
 
それには、かなり時間がかかりそうな私です。
 

もう少しみていきます。

スポンサーリンク

すぐにわからなくても

森下典子 日日是好日
 

著者いわく、世の中には「すぐにわかること」と「すぐにはわからないこと」があるといいます。
 
茶道はまさにすぐにはわからないこと。
 
繰り返し ただお茶を点てることを通して、自分で気づいていくのです。
 
これは茶道に限らず、長いことやってきたことで、ずいぶん時間が経ってから気づくことってありますよね。
 

nanaconanaco

あー、こういうことだったのか!みたいな

私の例でいえば、スピリチュアルのことなんかもそうです。
 
何度も読んだはずの本の言葉が改めて心に響いたり。
 
とっくに知っていたことでも今になって腑に落ちたり。
 
自分でもびっくりしますが、その「あー!」がいいんですよね~
 
なんでもっと早く気づけなかったのかという悔しさと、本質に気づけた喜びが入り混じります(笑)
 
そしてその後に、また少し違った世界が目の前に広がるのです。
 
 

もうやめようと思ったり、休んだりしながらも茶道を続けてきた森下さん。
 
気持ちが揺れまくっているところにもすごく共感しました。
 
すっかりファンになって他の本も読みました。
 
こちらの「前世への冒険」もすごく面白かったです。

 

あとがき

森下さんが茶道を始めたばかりの頃、先生に「なぜそうするのか」と尋ねると「意味なんかいいの、ただやるの」と言われます。
 
映画では樹木希林さんが言うのですが、有無を言わせない雰囲気で説得力がありました。
 
ちなみに私は、映画よりも本のほうが面白かったです。
 
最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。
 

 
スポンサーリンク

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク