愛される人になるには

【2016年 小原綾子 著】
 
こんにちは。愛される人がいつも羨ましかったNanacoです。このブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
 
「愛される人になりたーい!」

「たった1つの方法ってなに?」
 
 
思い返せば学生時代。いましたね~、モテる女子。飛びぬけてキレイなわけではない普通の女の子だけど、いつも彼氏を切らさない子。
 
「きっとあの子は、特別な魅力を生まれつき持っているんだ」と無理やり自分を納得させていました。
 
さらに、思い返せば20代。周りの友達がどんどん結婚していく中「どうしたら愛される人になれるんだろう」と悶々としていた私。
 
当時「ズルいくらいに愛されるたった1つの方法」を知っていたら、私はもっと楽しい青春時代を送れたはず!はず!はずっ!
 
というわけで、今日は愛される人になるには、どうすればいいのかをお話します。
 
あなたは、たった1つの方法を知って、ぜひ愛される人になってくださいね♪
 

スポンサーリンク

愛される人になるには?

愛される人になるには
 
大好きな人に心から愛される女性。そんな人になりたいと切実に思ったことはありませんか。
 
出会って、つきあって、別れてを繰り返し「もう私ダメなのかも」と諦めかけているあなた!
 
大丈夫です、愛される人になる方法があります
 
しかもたった1つ!
 
それは、ご自愛することです。
 
「…は?」
 

nanaconanaco

手紙に「季節柄、ご自愛ください」とかって書く、あのご自愛?

そうです。本来は他の人を気遣うための言葉ですが、著者の小原さんはわざと自分に使っています。
 
自愛とは自分を大切にすることですね。
 
自分を大切にすると、ズルいと思われるほど都合のいい現実が訪れるとのこと。
 

ご自愛の重要なポイントは、「自分自身を、“自分がもっとも大切にしている人”のように扱う」ことです。

 

nanaconanaco

自分を大切にするって例えば?

例えば、あなたが好きな人にしてあげたいことを、自分にしてあげます。
 
美味しいものを食べさせたい? 何かプレゼントしたい?
 
それをまず自分にしてあげるのです。
 
そうやって少しずつ自分を大切にする行動を積み重ねていけば、すべてがいい方向に向かっていくそうです。
 
nanaconanaco

え?そんな簡単なことでいいの?

次で詳しく見ていきます。
 

モテる女性がしていること

愛される人になるには
 
愛される女性になるたった1つの方法が、自分を大切にすること
 
そんな簡単なことなら、私だってやっていたからめちゃめちゃ愛されていたはずです!
 
…でもそうじゃなかったけど、どうして?
 
 
その答えは、この本の中の小原さんの会社員時代のエピソードにありました。
 
小原さんが同僚たちと、どんなふうに彼に尽くしているかを話しています。

  • 料理を作ってあげる
  • 部屋の掃除をしてあげる
  • メールを催促しない
  • 彼好みのオシャレをする

 
などなど。みんなそれぞれ色々と尽くしていたんですね。
 
同僚の中で1人だけ、とにかくよくモテる女性がいたそうです。
 
その彼女が言ったのは、
 
自分のためにエステに行ったりよく寝たり美味しいものを食べていると、彼に尽くしてると感じる…と。
 

nanaconanaco

…え?

当時、小原さんは理解できず思考停止状態だったとか(笑)
 
そのモテる女性がやっていたのは、すべて自分が嬉しいこと、自分が喜ぶことです。
 
しかも、それが彼に尽くしている!?
 
 
これには私もビックリ! 一瞬「は?」と思いました。
 
おそらくは、エステに行ったり、よく寝たり、美味しいものを食べたり、自分を大切にすると、自分がとっても満たされますよね。
 
そうすると、とっても気分がいいから、彼にはもっと優しくできます。
 
それにいつもキレイでいたり、いつもご機嫌でいれば、彼も嬉しいはず。
 
だからすべて彼のため!というのが彼女の考え方でしょうか。
 
nanaconanaco

私の「自分を大切にしている」なんて比べものにならなかった!

だからといって彼女は自己中というわけでなく、周りの人に優しかったそうです。
 
つまりは、自分が満たされていると、人に優しくできるんですね。
 
 
さすがに彼女のようにするのは、ハードルが高いでしょう。
 
ただ、そんな考え方もあるんだと知れば、これまでの凝り固まった考え方をほぐしやすいかもしれません。
 
できることからコツコツと自分を大切にしていきたいですね!
 
次で、もう少しみていきます。
 

スポンサーリンク

愛される人は幸せでいる

愛される人になるには
 
著者の小原さんは、結婚して家事も子育ても頑張っていた時、ご主人とケンカばかりだったそうです。
 
ある時、いつも幸せそうなご婦人に秘訣を聞くと「まずわたしが幸せでいなきゃ、家族は幸せになれないと思っている」と言われます。
 
それからは自分が幸せでいることを考え、自分がしたいことをベースに行動していきました。
 
すると、だんだんと気持ちが安定し、機嫌も良くなり、それとともに、なんとご主人も変わっていったそうです。
 
 

nanaconanaco

私もいい妻でいようと頑張っていたことがあります

最初のうちは、頑張っている自分に満足していたんです。
 
仕事も家事も完璧にこなすデキる女だわ~なんて。
 
でもだんだんと私だってフルタイムで仕事してるのにと、不満が出てきました。
 
好きで働いていたくせに、人間って勝手なものですね。
 
いつの間にかブーたれてばかりの自分に気づいて、頑張るのをやめました
 
手を抜きまくっても、夫は何も気にしませんでした
 
それより疲れた顔の妻に出迎えられるほうが迷惑だったと思います。
 

nanaconanaco

まずわたしが幸せでいる!

あなたが今何をしたいのか、本音をちゃんと聞いてあげましょう♪
 
最後に今日のお話を簡単に振り返っておきます。
 

まとめ

  • 愛される人になるには、自分を大切にすること
  • 自分が満たされていると、他人にも優しくできる
  • まず自分が幸せでいること

 
 

あとがき

こちらの本、表紙の感じから「愛されるために自分を磨きましょう!」みたいなハウツー本かと思いきや、心の問題にズバッと切り込んできました。

好かれようと思って媚を売る必要なんてありません! もっと自分を大事にしてください。

自分を幸せにしてあげることを一番に考えれば、周りはきっと変わってきます。

最後まで読んでくださってありがとうございました。
 
 

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク