日光東照宮 パワースポット

こんにちは。日光といえば修学旅行のNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「日光東照宮ってパワースポットなの?」

「どんなパワースポットなのか知りたい!」
 
 
日光東照宮は、徳川家康公を祀るために建てられた神社ですね。
 
男体山(なんたいさん)と、女峰山(にょほうさん)からの気が交わった強力なパワースポットだと言います。
 
関東地方に住んでいたら、修学旅行などで必ず訪れる神社で、私も小学生の時に来ました。
 
この日も朝早くから、小学生たちがたくさん来ていて、グループごとに見どころを廻っていましたよ。
 

前回の高麗神社の記事でもお伝えしていますが、私のパワースポット情報は、風水師の李家幽竹さんの本を参考にしています。
 
では、さっそく私が2019年7月に訪れた日光東照宮をご紹介しましょう。
 

スポンサーリンク

日光東照宮は強力なパワースポット

日光東照宮 パワースポット
 
日光東照宮は、徳川家康が、死後 日光に神として祀られることを望んだため、南光坊天海(なんこうぼうてんかい)が、設計しました。
 
そのため理想的なパワースポットになっているそうです。
 

江戸に生気を送るためにつくられたパワースポット。
今もなお、日本を守護し続けている。

 
 
この土地の生気の発生源は、徳川家康のお墓である奥宮(おくみや)周辺とのこと。
 
あとで、順を追ってご紹介しますね。
 

パワースポットの特徴は、

  • ステイタスアップ
  • 戦いに勝つ
  • 願いを叶える

 
パワースポットでの願い事は、その土地の気に伝えるものなので、どんなことでもOK。
 
ただ、その土地が守っているものや、祀られている人から連想される願い事のほうが届きやすいのだそう。
 

nanaconanaco

それなら、天下をとる!的なのもありですね~

ということで、次で境内を歩きながら、見どころをご紹介していきましょう。
 

日光東照宮の見どころ

日光東照宮 パワースポット

まずは、日光東照宮の入り口。
 
鳥居へと進む石の階段は、奥行きがあるように見せるために、少しずつ高さを変えるという遠近法を使っています。
 
石段の先には石でできた鳥居、石鳥居(いしどりい)です。
 
 
その石鳥居をくぐると、左側に五重塔(ごじゅうのとう)がありました。

日光東照宮 パワースポット
 
 
その右隣にあるチケット売り場で、拝観券を買って中へ入っていきましょう。

日光東照宮 パワースポット

大人・高校生 1300円
小・中学生 450円
(団体割引あり)

 
 
神厩舎(しんきゅうしゃ)という、ご神馬をつなぐ厩(うまや)に、「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿(さんざる)が彫られています。

三猿は、この写真の真ん中あたり。


 
 

御水舎(おみずや)

日光東照宮 パワースポット

手水をするところまで豪華です。
 
 
陽明門(ようめいもん)

日光東照宮 パワースポット

500以上の彫刻が施された美しい門です。
 
門を支える白い柱は1本だけ逆さまになっていて「魔除けの逆さ柱(まよけのさかさばしら)」と呼ばれています。
 
近くの説明書きに「物事は完璧だとかえって魔が差すという考えから、わざと1本だけ逆さまにした」とありました。
 
東照宮には他にもわざと不完全にしたところがたくさんあるそうです。

 
唐門(からもん)

日光東照宮 パワースポット

唐門の奥が、本殿、拝殿、石の間からなる御本社(ごほんしゃ)になります。
 

向かって右横に御本社への入り口があるので、靴を脱いで中に入ってお参りしました。

日光東照宮 パワースポット
 
 

そのあとは、眠り猫のある門を抜けて、奥宮(おくみや)に向かいましょう。

眠り猫、小さーっ!

日光東照宮 パワースポット

 
徳川家康のお墓がある奥宮へ向かう道にも強いパワーがあるとのこと。
 
昔は奥宮には限られた人しか行けなかったというだけあって、神聖な雰囲気が漂います。
 
細く長くだんだんと高く続く石の道。
 
周りの森林からのマイナスイオンもすごそうです(帰り道に撮影)

日光東照宮 パワースポット

石段は207段あると書かれていたので、誰もが心の中で数えている様子。
 
小学生たちが声に出して数えていたので、私は途中でわからなくなりました(ええ、小学生のせいにします)
 
 
最後の石段の先に、奥宮 拝殿(はいでん)

日光東照宮 パワースポット
 
 
お墓の前にある鋳抜門(いぬきもん)

日光東照宮 パワースポット
 

奥宮 宝塔(ほうとう) 家康公のお墓です。

日光東照宮 パワースポット

この土地の生気の発生源である奥宮は、順路に沿って周りをゆっくり歩きましょう。
 

願い事が叶うと言われている叶杉(かのうすぎ)

日光東照宮 パワースポット
 
読み方は「かないすぎ」かと思っていたら「かのうすぎ」でした。
 
願いが叶いすぎちゃって「かないすぎ~」でもいいかと(←そういうことじゃない)
 
 
東照宮の奥の地で、神となって日本を守っているという家康公。
 
こうしてたくさんの人が参拝に訪れるのを見て喜んでいることでしょう。
 
 

奥宮から下りて、陽明門を出てから、鳴龍(なきりゅう)の本地堂(ほんじどう)へ。

日光東照宮 パワースポット

昔は、龍の下で手をパンパンと叩いて反響を聞いたのに、今は係りの方が拍子木を叩いて、みんなに聞かせていました。

ものすごい観光客ですからね、いっせいに聞かせるスタイルにしないと、まあ無理ですよね~

ちなみに、龍はとてもいい声で鳴いてくれました。
 

日光東照宮の次には、ぜひお隣の二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)にも行きましょう。

日光東照宮 パワースポット

看板が出ているので、すぐにわかりますよ~
 
二荒山神社へ向かうこちらの参道もとても強いパワーを発しているそうです。

日光東照宮 パワースポット

本当にとってもいい感じの参道なので、ぜひ歩いて二荒山神社に向かってください。
 

 
次で、アクセス情報と、拝観時間を書いておきます。
 

日光東照宮の地図情報と拝観時間

日光東照宮 パワースポット

私たちは、東京から車で行きました。

東京からだと、東北自動車道から日光宇都宮道路へ入り、日光ICでおります。

東照宮近くの駐車場は600円でした。
 

電車の場合は、東武日光駅もしくはJR日光駅 下車。

駅からバスで約10分、駅から徒歩で約30分。
 
 

拝観時間
4月1日~10月31日は、午前8時より午後5時まで
11月1日~3月31日は、午前8時より午後4時まで
※受付は閉門30分前に終了

 
 

■日光東照宮
栃木県日光市山内2301
TEL 0288-54-0560
公式サイト http://www.toshogu.jp/

 
こちらの情報は、2019年7月現在のものです。訪れる際は、事前に確認をお願いします♪
 
 

まとめ

  • 日光東照宮は強力なパワースポット
  • ステイタスアップ、戦いに勝つ、願いを叶える
  • 生気の発生源は、徳川家康のお墓 奥宮のあたり
  • 奥宮へ向かう道は強いパワーを発している
  • 二荒山神社へ向かう参道も強いパワーがある

 

あとがき

日光東照宮は、いつも観光客でいっぱいなので、東京の自宅を朝5時半くらいに出ました。

途中のサービスエリアで休憩しても、開門の8時ちょっと過ぎに東照宮に着けて大満足。

平日の早朝なので、比較的のんびりと楽しめました(小学校の修学旅行の団体はいましたが)

拝観料の1300円は、最初「高っ!」と思いましたが、入ってみたら、やはりそれくらいの価値はありますね♪

最後まで読んでいただきまして、どうもありがとうございました。
 
 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク