きらッコノートさんで記事が紹介されました

ネガティブな感情を受け入れる「ネガティブがあっても引き寄せは叶う!」

ネガティブな感情 受け入れる

こんにちは。ネガティブな時もあるNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「ネガティブな感情はどうすればいいの?」

「ネガティブになって引き寄せができない」

 

素晴らしい未来を思い描き、目標に向かって進んでいても、不安になることがあります。

もしうまくいかなかったらどうしよう。

やっぱりダメかもしれない。

引き寄せなどスピリチュアルが好きな人ほど、ネガティブな感情を怖がるかもしれません。

ネガティブになったらよくない、悪いことを引き寄せてしまう、と。

ここが引き寄せの法則のやっかいなところであり、キモだとも言えるでしょう。

私たちは人間ですから色々なことを考えます。

ちなみに、うまくいくかどうかを心配するのは、ネガティブじゃなくて普通かも(笑)

「ネガティブがあっても引き寄せは叶う!」のネガティブな感情への対処法は、引き寄せをするしないに関わらず効果的な方法だと思いました。

さっそくネガティブな感情の対処法をみていきましょう。

スポンサーリンク

 

ネガティブな感情を受け入れる

引き寄せ ネガティブ 対処

あなたはネガティブな感情になったとき、どう対応しているでしょうか?

もし私のようにネガティブな感情をどこかへ押しやろうとしていたら、ちょっと待ってください。

ネガティブな感情は潜在意識からのサインだそうです。

あなたの中に、今そういう感情があるよーと知らせてくれているんですね。

それなのに私は「そんな感情を持っちゃいけない」とか「暗い気持ちになるからイヤ」とか散々否定してきました。

nanaco

ネガティブな感情はべつに悪くないのに

ネガティブな感情は、いろんな感情があるうちの1つです。

だから、焦らず騒がず、いったん受け入れること。

ネガティブな感情をなかったことにしないで受け入れるだけでよかったんです。

 

著者MACOさんのネガティブな感情への対処法をまとめました。

  1. ネガティブな感情を、まず認める
  2. ネガティブな感情を否定せず、肯定する
  3. そのネガティブな思いに共感する
  4. 気持ちが落ち着いてきたら願いを決め直す

 

では、次で詳しく見ていきます。

ネガティブでも引き寄せられる

対処法を具体的にみていきますね。

ネガティブな感情が出てきたら、まず認めます

nanaco

そうか、そう思ってるんだね
etc…

 

そして、ネガティブな感情を肯定し、共感します

nanaco

そうだよね~
わかるー
そう思うのが普通だよ
etc…

自分の感情に対してなので、ちょっと変な感じかもしれません。

でも、感情だって寄り添ってもらえたら嬉しい(笑)

だんだんとネガティブな気持ちが落ち着いてくるはずです。

 

そして、引き寄せたい願いをここで決め直します

nanaco

やっぱり私はこうしたい!

etc…

大切なのは、最終的に自分の望む結末で終えること。

 

せっかく潜在意識が教えてくれたネガティブな感情です。

受け入れてから、改めて願いを決め直しましょう。

ポイントは、「叶わないかも……」という感情が強く出てきたときにこそ、「決め直す」ということ。

 

MACOさん自身もネガティブだそうですが、この方法で思い描いてきたことをちゃんと引き寄せてきたそうです。

もう少しお話しします。

 

ネガティブと闘っていた私

ネガティブ 引き寄せ

ネガティブな感情を受け入れるだけでよかったなんて…

思えば私はずいぶんムダなことしてきました。

ネガティブな感情が出てくるたびに、必死に気持ちを切り替えていたんです。

だって潜在意識からのお知らせだなんて知らなかったから。

ネガティブな感情と格闘し、なんとか押し込めて「勝ったー!」とかやってました…

格闘していないで、サインに耳を傾けるべきだったのに。

必死でやっつけてたなんて、、、自分がイヤになります。

nanaco

おっと!

否定しませんよ~

そうそう、そんなこともありました~(認めてます)

気づかないでやっつけちゃうことだってあるよ~(肯定してます)

今さらでも気づけてよかったね!(共感してるつもりです)

やってみてわかりました、自分の気持ちを否定しないと確かに気が楽になります。

 

これからは自分の感情にもっと耳を傾けて共感していこうと決めました。

願いだって何度も決め直していいんだから、ネガティブな感情を受け入れたら、好きな結末を思い描いていきましょうね。

 

最後に今日のお話を簡単に振り返っておきます。

まとめ

  • ネガティブになるのは、別に悪いことではない
  • ネガティブな感情は認めて共感してあげる
  • 気持ちが落ち着いたら、望む結末に決め直す
  • ネガティブな感情のままで終わりにしない

あとがき

MACOさん自身がネガティブだったというだけあって、とてもわかりやすい本でした。

ネガティブな感情も悪くないとわかれば、本当に気が楽になります。

自分の感情なのに、認めて共感してあげると、少しずつ気分が晴れていくから不思議です。

今日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です