きらッコノートさんで記事が紹介されました

「聖なる予言」コントロールドラマから抜け出そう!

聖なる予言 コントロールドラマ

こんにちは。予言というと、ノストラダムスの大予言を思い出すNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「聖なる予言のコントロールドラマってなに?」

「コントロールドラマは、やめられるの?」

 

「聖なる予言」は、その昔アメリカでベストセラーになった小説です。

日本ではまだスピリチュアルという言葉が流行る前の、静かなブームでした。

物語は、人生に行き詰まりを感じていた男が、魂についての知恵が書かれている古い書物を探しに行くところから始まります。

当時、目標を見失い人生に行き詰っていた私は「聖なる予言」の主人公に自分を重ねました。

旅の途中で彼が出会ったのは、人々がエネルギーを奪い合うコントロールドラマです。

エネルギーを奪い合う?

コントロールドラマ?

このコントロールドラマの話は、私たちの人間関係で大いに役立つと感じました。

今日はそのコントロールドラマをご紹介します。

スポンサーリンク

「聖なる予言」のコントロールドラマとは

聖なる予言 コントロールドラマ

「聖なる予言」にはコントロールドラマという話が出てきます。

コントロールドラマとは、他人をコントロールして相手のエネルギーを奪おうとするドラマのこと。

なんでエネルギーを奪おうとするの?

nanaco

人はエネルギーをもらうと、元気になり、強くなったような気分になるといいます。

相手を自分の思い通りに動かせたら、自分に力があるようで気分がいいんですね。

そんな気分のよさを味わいたくて、いつも誰かからエネルギーを奪おうとするのです。

 

では、どうやって相手のエネルギーを奪うのでしょうか?

実は私たちは、知らず知らずのうちにドラマのように役を演じています。

その役を演じることで他人をコントロールしようとするのです。

ドラマの役は次の4つ。

  1. 脅迫者
  2. 尋問者
  3. 傍観者
  4. 被害者

 

自分がどんな役を演じているのかを知るには、子ども時代の家族との生活を振り返ります。

なぜなら、育ってきた環境がコントロールドラマの役に影響するからです。

 

まずは、4つの役柄のタイプを解説しますね。

コントロールドラマの4タイプ

では、コントロールドラマの4つの役柄を1つずつみていきます。

脅迫者
脅迫者は言葉や暴力で相手を脅す

脅された人は怖いので、常に脅迫者に注意を払う

それが脅迫者にエネルギーを与えることになる

nanaco

怒らせないように気を遣うからすごく疲れる。ホントだ、エネルギーを奪われてる!

 

尋問者

尋問者は相手から誤りを見つけようと質問する

間違いを見つけて批判する

批判された人は自信がなくなる

そうやってその人からエネルギーを奪う

nanaco

こっちがガックリした分、相手は強くなったような気分になるのね

 

傍観者
傍観者は自分を神秘的で秘密めいて見せる

誰かが気に留めてくれるのを待つ

気にかけてくれたら、はっきりしない態度をとり続ける

相手の注意をひきつけておくことでエネルギーを奪う

nanaco

めんどくさいな~ 確かにエネルギー奪われるわ

 

被害者
被害者は、自分に起きたひどい出来事を話す

それが相手のせいであるかのように匂わせる

助けてくれないと、ひどい出来事がずっと続くと訴える

罪悪感をもたせてエネルギーを奪おうとする

nanaco

人に罪悪感を与えて、自分は元気になるって何それ?

 

私たちは自分がいい気分になるために人を犠牲にしていたんですね。

なんかいろいろスミマセンな気分(汗)

コントロールドラマを知れば、周りの人たちに振り回されにくくなるかもしれません。

例えば怒る人がいても「この人のコントロールドラマに巻き込まれるのはバカバカしい」と冷静になれるでしょう。

 

次は、そんなコントロールドラマを断ち切る方法をみていきます。

スポンサーリンク

コントロールドラマを断ち切る

聖なる予言 コントロールドラマ

「あの人は怒って脅すから脅迫者だな」

「あの人は同情してもらいたがるから被害者ね」

…という感じで、人のコントロールドラマはよくわかります。

でも私たちは自分のコントロールドラマはわからないのだそうです。

なぜなら、自分だけはそんなドラマは持っていないと思い込んでいるから。

nanaco

確かに―!(笑)

コントロールドラマを断ち切るには

  1. 自分がどんな役を演じているかを知る
  2. 一歩引いて、自分をじっくり眺める
  3. これまで無意識にやってきた行動を変えていく

私は自分の意見をハッキリ言わずに、そこは察してくれよと思っていたりするので、傍観者かな。

ただ子どもの頃は、妹にとっては尋問者だったことでしょう。

妹に対してマウントとるのは姉あるあるですよね?←自分を正当化(汗)

 

気をつけて自分の行動を見てみると、本当にやってるんです、無意識に。

私も自分の気分を良くするために、誰かをコントロールしてエネルギーを奪っていたんですね。

 

もうそんなふうに人のエネルギーを奪いたくない。

コントロールドラマなんて断ち切りたい。

だから、またやってる!と気づいたらやめるようにします

そうやって無意識の行動から抜け出していくしかありません。

 

nanaco

私は自分からエネルギーを出して、自分で気分をよくする人になる!

では、最後に今日のお話を振り返っておきますね。

まとめ

「聖なる予言」のコントロールドラマとは?

  • 人はいつも他人をコントロールしてエネルギーを奪おうとしている
  • コントロールドラマには脅迫者、尋問者、傍観者、被害者の4つのタイプがある
  • 自分のコントロールドラマを理解し、行動を変えれば、断ち切ることができる

あとがき

「聖なる予言」は、スピリチュアルな世界を冒険物語のように書いた小説で、ハラハラドキドキしながら、あっという間に物語に引き込まれてしまいます。

主人公が自分のコントロールドラマをさぐる過程では、あなたも自然と自分のコントロールドラマを考えさせられるはず。

フィクションなので精神世界へのとっかかりとしてオススメです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です