きらッコノートさんで記事が紹介されました

「アウト・オン・ア・リム」シャーリー・マクレーン勇気の一冊

こんにちは。シャーリー・マクレーン大好きNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「アウト・オン・ア・リムって、どんな本なの?」

「シャーリー・マクレーンって女優さんでしょ?」

 

ハリウッドの大女優、シャーリー・マクレーンさんは、16歳でブロードウェイの舞台に立ち、21歳の時にヒッチコックの映画「ハリーの災難」で映画デビューしました。

瞬く間に人気女優となった彼女は、それからずっと数多くの映画に出演し続けています。

女優は40歳を過ぎたら仕事がなくなると言われているハリウッドで、シャーリーは80歳を過ぎた現在でも第一線で活躍! かっこいい~

プライベートでは、アメリカ人の俳優と結婚し、一人娘の出産を経て、その後 離婚を経験しています。

そんなシャーリーは、ある時スピリチュアルな世界観に出会ったことで人生が変わりました。

その世界観を書いた本が「アウト・オン・ア・リム」です。

 

それでは、アウト・オン・ア・リムがどんな本なのか、さっそくみていきましょう。

スポンサーリンク

アウト・オン・ア・リムはどんな本?

「アウト・オン・ア・リム」は、女優のシャーリー・マクレーンがスピリチュアルな世界に目覚め、戸惑いながらも新しい考え方を受け入れていく過程を綴った自叙伝です。

彼女がこの本を出したのは1986年、今から30年以上も前のこと。

今でこそ日本でも“スピリチュアル”といい感じに言われますが、当時はまだSFやオカルト扱いでした。

スピリチュアルのことを口にしただけで軽蔑されたり嘲笑されたりする時代だったんです。

そんな時代に世界的に有名な彼女が、精神世界の本を出すのは、相当な勇気がいったと思います。

アウト・オン・ア・リム(Out on a Limb)とは、枝先の果実をとるために身を乗り出すことから「危うい状況に」「非難を受けやすい」という意味です。

シャーリーは、自分の信じたことを伝えるために大変な危険を冒しました。

本はベストセラーになったけれど、恐れていたとおり、へんな宗教に入ったとか、気がふれた女優だとか、大バッシングされたそうです。

まさにアウト・オン・ア・リム!

nanaco

本に出てくる話題は、たとえば

  • 輪廻転生
  • 魂の存在
  • エネルギー
  • 精霊
  • 体外遊離
  • 宇宙人

現代でさえドン引きされるような話のオンパレードです(笑)

さすがにこれを素直に聞ける人や好意的に受け取る人は少なかったでしょう。

 

次でアウト・オン・ア・リムをもう少し詳しく見ていきます。

スピリチュアルな世界観

有名人の彼女がスピリチュアルの世界を知ったキッカケは、恋愛に悩んでいた時でした。

人生には、頑張って努力しても、どうにもならないことがあります。

そんなとき私たちは、目に見えない世界を意識するのかもしれません。

 

私たちの心が何かを求めだすと、必要なことや人は目の前に現れます。

「アウト・オン・ア・リム」でシャーリーは何かに導かれるように様々なことに出会っていきました。

輪廻転生とか、精霊とか、宇宙人とか …え、どこからどこまでがスピリチュアル?と混乱するくらい。

 

輪廻転生とは、人間は死んでも魂は不滅で、また違う肉体に宿って人生を繰り返す、という考え方です。

だから今の人生で払えなかったツケは、次の人生で払うことになります。

最初はシャーリーも「次の人生だなんてバカバカしい」と思っていました。

それでも疑問をとことん追求し、体当たりで経験しながら、この世界は目に見えているものだけではないと気づいていくのです。

nanaco

私も輪廻転生はあるかも、と思ってます

もし魂が何度も生まれ変わるのだとしたら、前世のツケを払うような人生なんてイヤですよね。

では、どうしたら次の人生でもっと楽に生きられるのでしょうか?

その答えは、今をよりよく生きることです。

 

なるほど。確かに、前世のことも来世のことも今の私にはどうにもできません。

私にできるのは、今の私を精一杯生きることだけですもんね。

 

次で、印象に残ったシャーリーの言葉をあげておきます。

スポンサーリンク

現実なんてない

今までに私が学んだ最も重要なことは、この世に現実などほんとうは存在しないということです。

現実など存在しない、つまり現実は私たちが人生をどう見ているかにすぎません。

同じ現実を目の前にしても、人によってとらえ方が違いますよね。

人生は、私たちのとらえ方によって決まるんです。

どんな現実が現れても、自分にとっていいとらえ方をしたもん勝ち。

nanaco

主導権は現実じゃなくて、わたし!

 

人類の悲劇は、私達一人ひとりが神であるという事実を忘れてしまったことである。

私たちは本当は神なんだけど、そのことを忘れてしまっているそうです。

だから、すぐに恐怖に支配されてしまうんですって。

確かに、自分が神で、すごい力があるのなら、何も怖くはないですね。

もし私たちに恐怖がなければ、憎しみもなくなるのだそう。

例えば戦争は、相手の国に支配されるのが怖いから、相手を憎んで戦います。

人に嫌われるのが怖い、失敗することが怖い、お金がないと怖い…

nanaco

ホントだ、恐怖だらけ!

これからは私、誰かや何かを憎まなくてすむように、恐怖から行動するのをやめよう。

そう、失敗しても嫌われても私は神(笑)

 

私もシャーリーのように、心を広く持ち、何に対しても偏見を持たずに生きていきたい。

飾らずおごらず、そのままの自分で生きていきたいと強く思いました。

 

YouTubeには自身が主演した映画「アウト・オン・ア・リム」もありました(字幕なし&長いです)

あとがき

年齢を重ねてからのシャーリーは、頑固でわからずやのお婆さん役が多いのですが、自分の意見をしっかり持ち、ブレないところがそんな配役につながっているのかもしれません。

若い頃の映画ではブロードウェイ仕込みのダンスや歌も披露しています。ダンスが素敵なんですよね~♪

最後まで読んでいただきまして、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です