京都 パワースポット 穴場
 
こんにちは。京都の穴場スポットを知りたいNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「京都のパワースポットの穴場?」

「三十三間堂もパワースポットなの?」
 
 
前回、京都に旅行した時にも訪れた三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)
 
正式名は、蓮華王院(れんげおういん)という仏堂です。
 
三十三間堂がパワースポットだということは、あまり知られていない穴場かもしれません。
 
でも実は、心と体に生気と癒しを与えてくれるパワースポットなのです。
 
私は厳かで和やかな雰囲気が好きで、今回もたくさんの観音様に会いに行きました。
 

下鴨神社の記事でも書きましたが、パワースポットの情報は、風水師の李家幽竹さんの本を参考にしています。
 

では、さっそく三十三間堂をご紹介しますね。
 

スポンサーリンク

三十三間堂はパワースポット

京都 パワースポット 穴場
 

三十三間堂は、京都駅からバスで10分くらいのところにある仏堂です。
 
正面の柱と柱の間が33あることから、三十三間堂と呼ばれるようになりました。
 
修学旅行で訪れると必ずルートに入っている観光地なので、そういう意味では全然穴場じゃないんですが…(汗)

 
では、たくさんの観音様が立ち並ぶ三十三間堂は、どんなパワースポットなのでしょうか。
 

心と体に生気をにたらしてくれ、リラックスパワーと、体を癒してくれるパワーがあります。

 

ご本尊
観音様の正式名称は、十一面千手千眼観世音(じゅういちめんせんじゅせんげんかんぜおん)

 
中央の大きな中尊(ちゅうそん)を中心に、左右に500体ずつ、合計で1001体で、すべてがご本尊だそうです。
 
 
基本情報ものせておきますね。

拝観料

  • 一般 600円
  • 高校中学 400円
  • 子供 300円

 

拝観時間

  • 年中無休
  • 9:00~16:00(11月16日~3月)
  • 8:30~17:00

 

では、さっそくお堂の廊下を進みましょう。
 

堂内の廊下はゆっくり歩いて

京都 癒し スポット
 
しーんとしたお堂内に一歩足を踏み入れると、何重にもなってこちらを向いている観音様、観音様、観音様…
 
その迫力に圧倒されます。
 
気を感じながら堂内の廊下をゆっくり歩きましょう。
 
パワースポットの中には、特に強い気を発生している場所がありますが、三十三間堂の気は常に動いているそうです。
 
なので、自分が「ここだ」と気を感じる場所を探してみるのも楽しいかもしれません。
 

nanaconanaco

え、私はどうだったかって?

…特に強い気の場所は感じませんでした。
 
いいんですっ!全体がパワースポットなんですから!
 
観音様を見ていると、気持ちがすーっと落ち着いて、とても癒されました。
 
順路通りにお堂をぐるっと回りますが、お堂の裏側もパワーが強いスポットです
 

nanaconanaco

そうそう!入り口で靴を脱いで入るため、寒い時期には足がひじょ~に冷えます

ゆっくり歩きたくても、足の裏からシンシンと冷えてくるため、どうしても早歩きに(汗)
 
ということで、寒い時期には厚手の靴下をはいていかれることを強くおススメします(ポイントそこかーい!)
 

お堂の中には、以前にはなかった階段ができていました。
 
上のほうの観音様もよく見えるように、ということですね。
 

それから、お堂の出口付近にも以前はなかったお土産コーナーもできていました。
 
ちなみに、私は色紙を購入。玄関に飾ってます。

京都 癒し スポット
 
「日々是好日」(にちにちこれこうじつ)
 
あ、額縁は、うちの近くの額縁屋さんで買いました。
 
三十三間堂と書いてあるだけで、有難い感じが漂います(笑)
 

次で、アクセスも書いておきます。
 

三十三間堂へのアクセス

京都 癒し スポット
(三十三間堂でお土産を買ったとき入れてくれた紙袋の絵です)
 
三十三間堂へは、京都駅から市バス206・208系統で10分くらい。

バス停は「博物館三十三間堂前」下車です。
 

 

 
■蓮華王院 三十三間堂
京都市東山区三十三間堂廻町657
TEL 075-561-0467
 
年中無休ですが、時期によって開門時間が異なりますので、行かれる際には事前にご確認をお願いします。
 
公式サイト:http://sanjusangendo.jp/

 

三十三間堂の近くでランチすることにしました。
 
私たちが行った人気店の記事はこちらです。

 

まとめ

  • 三十三間堂はパワースポット
  • 心と体に生気をもたらしてくれる
  • リラックスパワーと体を癒してくれるパワーがある
  • 堂内をゆっくり歩き、気の発生場所を探してみても

 

あとがき

2年前にも三十三間堂に訪れましたが、出入り口も広く新しくなっていました。

色々と新しくなるのは便利でいいのですが、そのままでいてほしいような気もする勝手な私。

たくさんの観音様に包み込まれるような気持ちになる三十三間堂は、私の大好きな場所です。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。
 
 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク