きらッコノートさんで記事が紹介されました

バシャールの言葉は名言だらけ!私が好きな言葉をシェア

バシャールの言葉

こんにちは。バシャール大好きNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「バシャールの言葉が知りたい」

 

はい、宇宙存在バシャール、ふたたび登場です。

バシャールが、アメリカ人のチャネラー、ダリル・アンカ氏を通して私たちに語りかけます。

チャネリングとか、そういう話はちょっとムリだという人もいるでしょう。

でもVOICE社の喜多見龍一さん曰く、私たちは誰もが元々チャネラーなのだそうです。

喜多見さんは「きっと近い将来、チャネリングなど当たり前のことで、何も面白くないという時代がやってくるでしょう」と書いていました。

おっしゃるとおり、今ではこのテの本は昔とは比べ物にならないほど書店に並んでいます。

潜在意識とか、引き寄せとか普通の会話でも話されてますよね。

前回はワクワクすることがよくわからない時の話でしたが、今回は私の好きな言葉をいくつかご紹介します。

 

スポンサーリンク

バシャールの言葉 与えたものが得るもの

あなたの「与えた」ものが、あなたが「得る」ものである。

あなたが疑っていると、あなたのまわりは疑いに満ちた現実になり

あなたが喜んでいれば、あなたのまわりに喜べることがやってくる、ということです。

 

接客の仕事をしていた時、私がイライラしていたりすると、かなりの確率で苦手なタイプのお客さんに出くわしました(汗)

バシャールの言うとおり、私がイヤな気持ちでいたからイヤな現実がやってきただけ

一度意識して自分の気持ちを見てから、起こる現実を観察してみてください。

nanaco

気持ちを変えると本当に現実が変わってきます

 

バシャールの言葉 人生はシンプル

実際には人生は非常にシンプルなものなのです。

本当は、人生はシンプルなのに、私たちは複雑でないと価値がないと思ってるんですって。

確かに。苦労したり、大変なことを乗り越えたほうが人として成長しそう

nanaco

でも、そんなことがなくても、ちゃんと挑戦も成長もできるのだそう。

大変なことを乗り越えたほうがいいと思っていたら、大変な現実がやってきます。

つまり私は、わざわざ大変な現実を作り上げたり、嫌いな人を登場させたりしていたんです。

そしてそれを必死で乗り越えて「克服したぞー!」と喜んでいたという…

もうドMとしか言いようがない(汗)

 

もっと簡単にうまくいってよかったんですね。

簡単にうまくいっても、挑戦も成長もできるんだから、これからはすんなりうまくいく方を選びますよー!

 

バシャールの言葉 人が怒る時

自分の中に力を感じられないとき、人は「怒る」。

他人に怒るのは、その人が自分の中に「力がない」と感じているとき

怒鳴ることで力を誇示し、他の人より劣っていないと見せたいのだそうです。

いますよね~、自分が不利になると急に怒り出す人。

勝手に引け目を感じてるくせに 人にあたるのはやめてほしい。

バシャールは、そんな時はその人のいいところを見てあげようと言いますが、私にはそんな寛大なマネはできません!

怒る相手に反応して感情的にならないようにするのが精一杯。

ええ、人間ができてません(笑)

nanaco

ただ自分が怒った時には「私は今、自分に力がないと感じてるんだな」と冷静に見れるようになりました。

 

もう少し続きます。

スポンサーリンク

バシャールの言葉 肯定的にとらえる

人生に起きることのすべては、肯定的な意味を持っている。

自分の期待に沿わないことが起きたら、それは悪いことなのでしょうか。

バシャールいわく、出来事というのは中立で、本来いい意味も、悪い意味も持っていません

だから、どんな出来事でも肯定的な意味を見つけていけばいいんですね。

 

一見すると、悪い出来事に見えたり、他の人は「ひどい出来事だ」と言うかもしれません。

でもあなたが否定的な意味をつけなければいいのです。

実際の出来事を例にあげますね。

会社を辞めざるをえなくなった(一見、悪い出来事)

いい機会だからこれまで出来なかったことをやろう(肯定的な意味を見つける

結果的にその好きなことで仕事ができるようになった(いい出来事!)

出来事をどうとらえるかで、その先の流れが決まります。

nanaco

どんなことも肯定的にとらえなきゃ損ですね!

 

というわけで、好きな言葉はまだまだたくさんありますが、今日のところはこの辺にしておきます。

最後に簡単に振り返っておきましょう。

 

まとめ

  • あなたの与えたものが、あなたが得るもの
  • 人生は非常にシンプルなもの
  • 人が怒るのは自分に力を感じられないとき
  • 出来事には肯定的な意味を見つける

あとがき

バシャールは言葉の使い方がわかりにくかったり、回りくどかったりするのですが、そのややこしい感じが好きだったりする私。

私が持っているバシャールの本は30年も前のものですが、いろいろと新しい本も出ていますね。

都市伝説でもバシャールが取り上げられたりして、そんな時代になったか~と感慨深いものがあります。

ずっと変わらず見守ってくれてありがとうね、バシャール♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です