きらッコノートさんで記事が紹介されました

自己受容の方法が知りたい!簡単にできる私のおすすめの方法は?

こんにちは。ありの~ままの~♪とつい歌ってしまうNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「自己受容ってなに?」

「ダメな私を受け入れられない」

 

自己受容という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

そのままの自分を受け入れること、ですね。

幸せになるためには、そのままの自分を受け入れることが大切。

それなのに、自分を受け入れられない人が多いそうです。

何を隠そう私もそのうちの1人。

でもいったいどうしたら自己受容ができるのでしょうか?

なにかいい方法はあれば知りたいですね。

今日は、大木ゆきのさんの本「100%の幸せ」から自己受容について私が学んだことをシェアしたいと思います。

 

ちなみに「100%の幸せ」は、新装刊として「宇宙が教えてくれた流れるように人生がうまくいく本」になってました。

では、さっそくみていきましょう。

スポンサーリンク

自己受容の方法

自己 受容 方法

自己受容とは、そのままの自分を受け入れること。

それには「今の自分のままでいいんだ」とあなたが心から思うことです。

 

私はずっと、今のままの私ではダメだと思っていました。

そんな古い価値観を手放すために、新しい価値観を刷り込んでしまうのが大木さんの方法です。

つまり、私はこのままで完全であるという価値観を刷り込んでしまいます。

大木さんの自己受容の方法はこちら。

  1. 朝 目覚めた時に両手を胸にあてる
  2. 「私はありのままで完全です」と心の中で言う

nanaco

え、これだけ?

はい、たったこれだけです。簡単ですよね♪

寝起きのボーっとしてる時は潜在意識に届きやすいのです。

寝る前も潜在意識に届きやすいですよ~という記事はこちら

 

でも、何を根拠に完全だと思えばいいの?

nanaco

あなたが完全であるということに根拠はいらないんです。

 

別に根拠なんていらないから、ただそう思えばいいんですって。

なんだか拍子抜けしちゃいますね。

そんな簡単なことなのに、どうして自己受容が難しいんでしょうか?

次で詳しくみていきます。

自己受容ができない訳

自己 受容 方法

あなたはそのままでいい、ありのままで完全。

そう言われても「いや、それはないだろう」と思う私がいました。

だって、まだ何も成し遂げていないから。

もしこのままでいいなら、これ以上になれないじゃない?

「今より少しでも上に行きたい」

「もっとデキる私になりたい」

いつもそんなふうに思っていました。

 

でも、そんな私だからこそ自己受容ができなかったんです。

nanaco

え?自分を高めようとするのがどうしてダメなの?

いつもわりと頑張っていた私は混乱しました。

どういうことかというと、

「もっとデキる自分になりたい」は「今のままではダメだ」と同じこと

自己受容どころか、私は常に自己否定をしていたんです。

自己否定から頑張っていると、うまくいかなくなるのだそう。

確かに私は、もっとデキる私になろうと必死で、好きで始めたことでも最終的にはヘトヘト。

たとえ何かを達成して満足しても、すぐにまた次の何かを達成しようとしていました。

常に今の自分ではダメだと思ってるから、もっと上へと駆り立てられるわけです。

いつまでたっても自分にOKが出せない…

nanaco

そりゃ疲れるし苦しいわ

だからいつまでも幸せな気がしないんですね。

やっと、そのままの自分を受け入れることの大切さがわかりました。

 

スポンサーリンク

私は完全だった

自己 受容 方法

とりあえず私は 目が覚めたら横になったまま「私はありのままで完全です」と心の中で唱えました。

最初は、自分がありのままで完全だとは全然思えません。

自分にウソをついているような気分です。

だって、これまでずっと「このままじゃダメだ」と思ってきたから。

 

それでも、とにかくやり続けました。

しばらくしたら、意識に刷り込まれたようで、もうウソをついてる感覚はありません。

それどころか「そうだ、私はこのままで完全だった」とケロッと思うまでに成長しました~(笑)

 

まだまだ周りと比べたり、認められようとしたりと、自分が完全なのを忘れる時もしょっちゅうです。

でももう、そっちにいくと苦しくなるのがわかっているので、意識的に自己受容するようになりました。

「ありのままで完全」がしっくりこなければ「このままで完璧」でも「私は最高」でもいいですね。

今でも不安になったり焦ったりしたら、目覚めにつぶやきます。

なんなら目覚めじゃなくてもつぶやきます。

そうすると、不思議と気持ちが落ち着いて安心できますよ。

 

あなたもぜひ試してみてください。

定着させるために最低でも1ヶ月くらいは続けたほうがいいそうです。

 

大木さんの本の記事はこちらにもあります。

 

最後に今日のお話を簡単に振り返っておきましょう。

まとめ

  • 自己受容とはそのままの自分を受け入れること
  • 自分はありのままで完全だという価値観を刷り込む
  • 自分が完全だと思うのに根拠はいらない

あとがき

私たちはそのままで完全なのに、いつも何かが足りないと思って頑張ってたんですね。

自己受容については心理学に詳しい方々も本を書かれていますが、私には大木さんの説明がわかりやすかったです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です