子どものいない人生の歩き方

【2018年 くどうみやこ 著】
 
こんにちは。子どものいないNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「子どもがいない人生は幸せじゃない?」

「子どもがいない女性は半人前?」
 
 
私たち夫婦には子どもがいません。
 
私は結婚が遅かったので、ムリに子どもを持とうとするのも怖くて病院に行くことはありませんでした。
 
私はいいのですが、夫は穏やかで優しい人なので、きっといい父親になっただろうと思うと胸が痛みます。
 
なんだか悪いことをしてしまったような、間違えてしまったような、そんな気がしていました。
 
「誰も教えてくれなかった子どものいない人生の歩き方」は、子どものいない女性に焦点をあて、専門家の意見や人生のヒントなどが書かれています。
 
人生は子どもがいるのが普通で、子どものいない人生についてはあまり語られてきませんでした。
 
今日は、ちょっとシリアスなお話になるかもしれません。

スポンサーリンク

子どものいない人生の歩き方

子どものいない人生の歩き方
 
たとえば、今の生き方に満足していても、もし違う人生だったらどうだったんだろう?と想像することはあると思います。
 
それが子どものことであれば、なおさらかもしれません。
 
私ももし子どもがいたら今頃はどんな生活だろう?と、親子連れを見るたびに思ったこともありました。
 

子どもがいない人と一口にいっても、理由は人によってそれぞれです。

  • 望んでいたけれど授からなかった
  • 何となくタイミングを逃してしまった
  • 病気などで産めなかった
  • 最初から子どものいない人生を選んだ

など。
 

著者のくどうさんは、女性が社会進出する時代へと移り変わっていく中、仕事で成果を上げていきました。
 
結果的に、子どもを産もうと思った時には、病気をされて授かれなくなってしまったそうです。
 

産んでいない経緯や抱える思いは異なりますが、子どもを産まなかった女性たちは、現代社会の中でどこかで生きづらさを感じていました。それは、多様な生き方を認める動きがある一方で、植えつけられた固定観念や偏見から解放されていないからです。

 
私の場合は、やりたいことをやってきた結果、結婚が遅くなったので子どもを持てなかったことは仕方ありません。
 
子どもがいる=幸せ、だと私も思います。
 
でも、子どもがいない=幸せじゃない、ではありません。
 
だって私は子供はいないけれど幸せです♪
 

それでも、結婚してからなんとなく肩身の狭いような気もしました。
 
義理の両親は何も言わないのに、私が勝手に悪いような気がしていたんです。
 
跡継ぎを産めずに申し訳ないみたいな。
 

そんな私に必要だったのは、いろんな人の価値観を知ることだったようです。
 
子どものいない人生についの様々な考えを知り、人の数だけの生き方があることに改めて気づかされました。
 

nanaconanaco

私には私だけの生き方がある

常識のようにいわれる価値観に圧倒され、そんな当たり前のことを見失っていたのです。
 

次で、まさにそんな価値観に私が直面したお話しをしますね。
 

子どもがいない女性は半人前?

子どものいない人生の歩き方
 
女は子どもを産んで、母になって一人前。それが女の幸せ。
 
時代が変わり、女性が社会で活躍するようになっても、この考えはあまり変わっていないといいます。
 
 
確かにそうですね~
 
学生時代の友人たちの飲み会での出来事です。
 
子どもがいないのは私だけでした。
 
お酒の席の冗談ではありますが、私は子どもがいないから、女として一人前じゃないのだとか。
 
・・・。
 
冗談だとわかっていても、なんか心に引っかかってしまいました。
 

nanaconanaco

そうか、私は子どもがいないから一人前じゃないのか

脳科学の専門家の見解によると、、、

女性脳には、産んで成熟する脳と、産まずに成熟する脳がある。それぞれに特性があり、どちらも社会に不可欠な脳です。産まずに成熟する脳は、決して「産めずに未成熟な脳」ではないのです。

 

社会学の専門家の見解によると、、、

子育てをしている人は、ある意味、たくましくはなるのですが、大人として成長するかは別問題。子育ての経験がある人たちが立派な大人になれるなら、もっと成熟した社会になっているはずです。

 
うん、そうだ、そうだ、そのとおりだ!
 
子育てした人がみんな一人前で素晴らしい人なら、世の中にあんなに揉め事があるかしら?
 
気持ちが軽くなりました。
 
 
だいたい一人前ってなんだろう?
 
自分の人生をちゃんと歩いてるのに、なんか問題?
 
私は別に一人前じゃなくてもいいや~というところに落ち着きました(笑)

 
次は、子供のいない人生の老後についてです。
 

スポンサーリンク

子どものいない人生は老後が心配?

子どものいない人生の歩き方
 
子どもがいないと年をとってから寂しいなどと聞くと老後が心配になります。
 
でも子どもがいても老後が安心とは限りません。
 
子どもが結婚して、もし外国に行ってしまったら?
 
近くにいても、子どもに気を遣って頼れないこともあるかもしれません。
 
 
それでもやはり、頼れる人間がいるのと、いないのとでは大違いでしょう。
 
著者のくどうさんは、歳をとってから慌てないように、対策を考えておくことも必要だと言っていました。
 
確かにそのとおりです。
 
義理の母が骨折で入院をした時には、私がやらなければならないことがありました。
 
私が年をとって入院なんかしたら大変です。
 

現時点での私の対策
  • 入院時にiPhoneと充電ケーブルは絶対忘れない
  • 可能なら(病院、自分の状態)パソコンも持ち込む
  • 必要な物はネットで買って病院に届けてもらう
  • ネットワークを広げておく
  • 常に情報を得て、時代についていく

 

nanaconanaco

ロボットくんに頼るかも

今後、子どもを産まない女性の数は増えて3人に1人の割合になっていくそうです。
 
これまで常識だと思われていたことも変わっていくでしょう。
 

人は誰しも無意識に、自分の価値観で判断してしまうもの。子どものことに限らず、できるだけ多くの人の価値観に接することで視野が広がり、多角的にものを見られるようになります。

本当に、多くの人の価値観や人生観を知ることは大切ですね。
 
私はなぜか1つの考えにとらわれて、ぐーっと縮こまっていました。
 
あなたの気持ちが少しでも楽になることを願っています。

 

あとがき

私の親戚のお姉さんは、結婚はするけど、仕事がしたいから子どもは作らない、と断言していました。

若い時にそんなふうにスパッと割り切れることに驚きましたが、宣言どおり結婚はして子どもはいず、今でもバリバリにキャリアを積み上げています。

幸せの形は人それぞれ。どの幸せにも、お互いに「いいね!」と言い合える社会でありますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク