ジャッジ しない スピリチュアル

 
こんにちは。ジャッジしないで生きたいNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「ジャッジするとか、しないとかってなに?」
 
 
「人をジャッジしないように」と聞いたことがあるでしょうか。
 
スピリチュアルの専門用語なの?というくらい、スピの世界ではよく使われています。
 
人をジャッジするとは、人のことを判断するという意味。
 
相手を批判したり、否定する意味で使われることが多いですね。
 
頭でわかってはいても、ジャッジしないのって難しい。
 
気づくと、ああだこうだと周りをジャッジしまくっている私がいました。
 

今日は「スピリチュアルかあさんの今よりもラクに生きる魔法」というコミックを参考に、ジャッジしないことについて考えてみます。
 

では、さっそく見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

ジャッジしないって何?

ジャッジしない スピリチュアル
 
スピリチュアルの本では、ジャッジしないことが大切だとよく言われています。
 
ジャッジする気持ちがあると、コミュニケーションはうまくいきません。
 
相手を批判することは、

私は正しくて、あなたは間違っている

 
と言っているのと同じことです。
 
相手が間違っていると決めつけている人とは、仲良くできないですよね。
 
人はジャッジされることに、とても敏感なのだそうです。
 

nanaconanaco

それ、わかるかも!

ちょっと専門的な説明をしてくれた店員さん、言葉遣いは丁寧だったけど、明らかに私をバカにしてましたもん(笑)
 

そうやってジャッジしていると、当然ですが人間関係はうまくいきません
 
それに、人をジャッジしていると、自分もジャッジされていないかと、心が休まる時がありません。
 
 
思えば私は、いつも誰かをジャッジしたり、ジャッジされたりして生きてきました。
 
私にとって嫌な人がいれば「この人はこういうところが嫌い」とジャッジします。
 
試験やオーディションでは、常に相手にジャッジされ、受かったり落とされたり…
 
あの人よりも私のほうが上とか下とか、自分のことまでジャッジしていました。
 
誰かと比べはじめると、比べる対象は次から次へと現れます。
 
比べっこは永遠に終わらず、苦しいだけ…
 

nanaconanaco

ジャッジって疲れますね~

やはり、人も自分もジャッジしないで生きていきたいものです。
 
でも、ついジャッジしちゃったら?
 
どうしたらいいのかを、次で見ていきます。
 

ジャッジに気づいたらやめる

ジャッジ しない スピリチュアル
 
ある時、友人が会社で人間関係がうまくいっていないという話をしていました。
 
何故うまくいかないのかと聞くと、
 
「上司が使えない」「先輩が意地悪」「会社のやり方が悪い」
 
上司や会社に対しての批判ばかりでした。
 
とにかく、ジャッジしまくり(笑)
 

nanaconanaco

そんなに批判ばかりしてるから、嫌われるんじゃないの?

反射的にそう思ってしまった私。
 
…私も思いっきりジャッジしてるし!
 
うーー、ジャッジしないって難しいですね。
 
一体どうすればいいの?
 

それは、自分がジャッジしていることに気づいたら、やめること

 
またジャッジしていたら、またやめる。
 
そうやって気づくだけで、手放すことができるのだそうです。
 
それならできそうじゃないですか?
 
私は「なるべくジャッジしないようにしよう」くらいのスタンスでいられたら御の字だと思っています。
 
人間は瞬間的にいろんなことを思っちゃいますからね。
 

nanaconanaco

だって人間だもの

人のことを悪く思ったりもしますよ私は!←なぜか力説
 
ただ、スピリチュアルかあさんいわく、誰かを嫌だと思ったときは、その嫌な部分が自分の中にあるから。
 
あの人の腹黒いところが嫌いなのは、私が腹黒いから。あたたた…
 

だから、イヤだと思った時は、自分の内側をちゃんと見てみます。
 
なぜイヤだと思ったのか、イライラしたのか…
 
そうやって冷静に自分の気持ちを見ると、ジャッジする気持ちが薄れていくように感じます。
 
 
でも、明らかに相手が悪い時には、どう対処したらいいでしょうか?
 
次で見ていきます。
 

スポンサーリンク

アイメッセージで伝える

ジャッジ しない スピリチュアル
 
スピリチュアルかあさんいわく、たとえ明らかに相手が悪いと思っても、まずはジャッジしないことを心掛けます。
 
そして、自分の気持ちをアイメッセージで伝えるといいのだそうです。
 

アイメッセージとは、

You(あなた)ではなく、I(わたし)ではじまるメッセージのことね

 

You(あなた)は こうです」
 
I(わたし)は こう思う」

 

たとえば、

あなたはいつもそんな言い方をするんだから!」
  ↓
わたしはあなたの言葉に傷つきました」
 

相手を否定する言い方ではなく、自分の気持ちを伝える言い方にするのです。
 

nanaconanaco

私は、Youメッセージでケンカになったことがあります(汗)

これからはアイメッセージで話すようにします!
 
アイメッセージは、愛メッセージ!なんちゃって~
 
 
最後に、今日のお話を簡単に振り返っておきます。
 

まとめ

  • 相手をジャッジしないようにする
  • ジャッジしていると気づいたら、やめる
  • ジャッジしていると気づくことで手放せる
  • コミュニケーションは、アイメッセージで

 

あとがき

スピリチュアルかあさん第2弾では、スピリチュアルかあさんの日常に加え、読者の恋愛相談や、スピリチュアルスポット旅行記、前世療法など盛りだくさんでした。
 
世界は2013年から新しいステージに突入しているのだそうです。
 
新しい世界を今よりもラクに生きるコツは「私はわたし」と人と比べないこと♪
 
今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
 

 
スポンサーリンク

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク