映像翻訳 なるには
 
こんにちは。映像翻訳を少しだけかじったNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「映画の字幕を作る仕事をしたい!」

「映像翻訳者になるにはどうしたらいいの?」
 
 
映画が好き、そして英語が好きなら、映画の字幕を作る映像翻訳者になりたいと思う人は少なくないと思います。
 
何を隠そう私もそのうちの1人でした。
 
自分の英語力もかえりみず、映像翻訳者という華やかな響きに憧れたのです。
 
海外ドラマが家でたくさん見られるこのご時世。ネット配信の番組もたくさんあります。

「小さな仕事なら回ってくるかもしれない」

そんな甘~い考えを抱いて、映像翻訳の学校に通うことにした私。
 
当然のことながら、厳しい現実を思い知ることになるのですが、それはまた別の記事でお話ししますね。⇒映像翻訳者になるのに資格は?私が痛感した映像翻訳に必要なこと5つ!
 
今日は、映像翻訳者になるにはどうすればいいかのお話です。
 
スポンサーリンク

 

映像翻訳者になるには?

映像翻訳 なるには
 

映像翻訳者とは、外国語の映像コンテンツを日本語に訳す職業です。
 

外国語の映像コンテンツとは、例えば

  • 映画
  • ドラマ
  • ドキュメンタリー
  • バラエティ番組
  • スポーツ番組
  • 音楽番組

   など

   
 

nanaconanaco

では、その映像翻訳者になるには、どうすればいいのでしょうか?

もちろん基礎英語力は必須

その上で、映像翻訳をするために必要なスキルを習得しなければなりません。

具体的には、

  1. 映像翻訳の専門学校に通って、映像翻訳の基礎・知識を学ぶ
  2. 制作会社で働いて、実践で映像翻訳の基礎・知識を学ぶ

 
このどちらかになるかと思います。
 
なぜなら、映像翻訳には、専門の知識や、独特のルールがあって、それらを知らないと仕事にならないからです。

専用の字幕制作ソフトも使いこなさなくてはなりません。

初心者がすべてを独学で学ぶのは難しいでしょう。
 

次に、仕事の流れを説明します。

 

映像翻訳の仕事の流れ

映像翻訳 なるには
 
ここで、映像翻訳の仕事の流れを見ておきましょう。
 
まず、TV放送局、映画配給会社、動画配信業者などが、外国の映像コンテンツの字幕制作を、制作会社(日本語版制作会社、字幕制作会社など)に依頼します。
 
そして、制作会社が、直接 翻訳者へ発注するか、映像翻訳を扱う翻訳会社を通して翻訳者に発注することになるのです。
 
つまり、

仕事の流れ 1
TV放送局、映画配給会社、動画配信業者

制作会社

翻訳会社

翻訳者

 
または、

仕事の流れ 2
TV放送局、映画配給会社、動画配信業者

制作会社

翻訳者

 

戸田奈津子さんクラスであれば、

映画配給会社
 
翻訳者(戸田奈津子さん)

という流れが成り立つのかもしれませんが、普通はないと思います。(汗)
 

ということで、映像翻訳者のあなたが仕事を受けるためには、、、

  1. 制作会社、または翻訳会社に映像翻訳者として登録する
  2. 制作会社などに就職して、実務経験を積み、映像翻訳者として独立

 
ここでもやはり、このどちらかになるでしょう。
 

次で、映像翻訳者として制作会社などに登録する方法をみていきます。
 

スポンサーリンク

制作会社などに登録する

映像翻訳 なるには
 

制作会社翻訳会社登録するには、、、
 
各制作会社が行うトライアル(採用試験のようなもの)に合格する必要があります。

  1. 専門学校を修了後、併設の制作会社や翻訳会社のトライアルを受ける
  2. 学校や会社、知人などの紹介で、制作会社や翻訳会社のトライアルに応募
  3. 独自に制作会社や、翻訳会社のトライアルに応募

 
ひとつずつ見ていきます。
 


1 学校の修了生となり、併設の制作会社や翻訳会社のトライアルを受ける


 
制作会社や翻訳会社が、学校を運営・併設している場合、修了後にトライアルを受けて合格すれば登録できます。

そこの修了生なので、売り込まなくても会社側がある程度わかってくれているのが強みですね。

初心者であれば、このルートを辿ることが多いと思います。
 

nanaconanaco

私が通った学校は翻訳会社が併設されていました。受講後すぐにバックアップしてくれる体制があったのは心強かったです。

 


2 学校や会社、知人などの紹介で、制作会社などのトライアルに応募


 
学校で映像翻訳を学んだ後、または会社で実務経験を積んだ後、学校や会社、講師や知人からの紹介で制作会社や翻訳会社に応募します。

紹介でもトライアルを受けるのが一般的。合格すれば登録できます。

 

nanaconanaco

私も友人の紹介で制作会社のトライアルを受けて登録し、しばらく仕事をさせてもらいました。

仕事の入り口は少しでも広く、ということで、私の周りでも複数のエージェントに登録している人は多かったです。
 
 


3 独自に制作会社のトライアルに応募


 
別に誰からも紹介を受けなくたってかまいません。独自に制作会社や翻訳会社に応募します。

トライアルに合格すれば登録できるのですから、映像翻訳者向けの雑誌や情報サイトに掲載されている制作会社などに片っ端から応募するというテもありですね。
 
 

nanaconanaco

その他にも、制作会社などが行うコンテストやオーディションに合格して仕事につながったり、前に勤めていた制作会社から声がかかって仕事をする人もいます

いかがでしたでしょうか。

私は、制作会社と翻訳会社の違いもわからないまま突っ走り、あとでオロオロしました。

事前に調べていたつもりでも全然甘かったです。

この記事が少しでもあなたの役に立ったらいいな~と思っています。
 

あとがき

かれこれ10年くらい前の話になりますが、私はフルタイムで働きながら、映像翻訳の専門学校に通いました。

専門学校に翻訳会社が併設されていることと、学校の場所が家から通いやすかったことが決め手でした。

学校時代は、仲良くなったクラスメートと勉強会を開いたり、本当に楽しかったです。

ただ問題はその先。トライアルに受かっても仕事が続いて入ってくるかどうかは、本人の実力と努力! そして気力と体力(笑)

そんなお話もこちらの記事に書きました。⇒映像翻訳者になっても仕事がない?フリーランスが仕事をつかむには!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 
スポンサーリンク

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク