不安な時はどうすればいい?私に効いた対処法をシェア

こんにちは。不安な時もたくさんあるNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「不安でいっぱいな時はどうすればいい?」

 

たとえば、将来のことだったり、職場の人間関係だったり、恋愛のことだったり、不安になる時はあると思います。

私も将来の不安や、転職の不安、新しい仕事に就いたら就いたで出来るかと不安になったり、周りの人がすごい人ばかりに見えて不安になったりしました。

やらかしてしまってこの先どうなるのかと不安でたまらなかったこともあります。

不安な時はどうすればいいのか、大木ゆきのさんの「人生で大事なことは5つだけ」から解決のヒントを得ました。

今日は、その対処法と、私の体験談をお話ししますね。

スポンサーリンク

不安な時はどうすればいい?

不安な気持ちはイヤなものですね。

早く不安な気持ちから逃れたいけど、どうすればいいのでしょうか?

不安な時の対処法
  1. 不安な気持ちを受け入れる
  2. あえて不安の中に入っていく

私たちは不安な気持ちになることを嫌って、どうにかしてなくそうとします。

でも不安な時は、不安を受け入れてしまえばいいそうです。

nanaco

ん?受け入れる?

不安なものを嫌なもの扱いしない。

それはそれであっていいと受け入れる。

すると不安は中和される。

なくなるのではなく、中和される。

私たちのDNAには、命を守るために危険を回避しようとする本能が刻み込まれているから、人間が不安になるのは仕方がないことなんですって。

不安があるのは普通のことだったんです。

そう思うと少し気持ちが楽になりませんか?

だから不安のまんまで進んでいって大丈夫なんですね。

 

そんなふうに受け入れてみても不安がおさまりませんか?

その場合は、不安の中に入っていくことをおススメします。

 

次で詳しくみていきましょう。

あえて不安の中に入っていく

不安はあっていいと受け入れてみたものの、どうにも不安が収まらない時は?

そんな時は、あえて不安の中に入っていくといいそうです。

何がそんなに不安なのか、何かそんなに怖いのか、自分で自分に質問します。

nanaco

自分で自分に質問する?

「私はなんでこんなに不安なんだろう?」

「何がそんなに怖いんだろう?」

  1. 瞑想するみたいに目を閉じて、自分の言葉で自分に問いかける
  2. いったん答えが出ても、何度も何度も自分に聞いていく
  3. もし抑えていた感情が出てきたら、その感情を思いっきり感じる
  4. そして、また聞いていく
  5. このプロセスを繰り返す

そのうちに頭で考えた答えが出なくなるそうです。

それからどうなるかは人によって違うので、実際にやってみないとわからないけど…

不安の中にある何かに気づいたり、ふと不安から解放されたりするといいます。

私は不安が収まらなかった時に、あえて不安の中に入ってみました。

 

次は私の体験談をお話しします。

スポンサーリンク

不安の中の真実をつかむ

ある時 私は会社を辞めようと決心し、翌日には不安になって辞めるのをやめていました(笑)

いざ辞めるとなるとすごく怖かったんです。

不安はあって当たり前なんだと、頭では理解していても気持ちがついていきません。

だから、あえて不安の中に入ってみました。

nanaco

私は何がそんなに不安なんだろう?

何がそんなに怖いんだろう?

  • お金がなくなる
  • うまくいかないかも
  • 失敗したらカッコ悪い
  • この先仕事がないかも
  • 自信がない
なんか普通~ そんなのわかってたし

nanaco

そうなんです、最初は頭で考えている答えしか出てきません。

さらに聞いていきます。

私は何が不安なのか?何が怖いのか?

  • 人からダメだと思われること
  • 自分を自分でダメだと思うこと
  • 人に嫌われること
  • 自分で自分を愛せなくなること
  • 本音を言うこと
  • 本当は腹黒いとバレること
  • 器の小さい人間だとバレること
  • 人間的に成長しないこと
  • 挑戦もせずに終わってしまうこと

nanaco

少しずつだけどホンネが出てきた感じ

 

このあとも何度もしつこく聞いていきました。

途中でもう答えが出てこなくなって中断したり、少し経ってから再開したり。

全然関係ないような答えが返ってきたりもしました。

そのうちに、だんだん何について尋ねていたのかもわからなくなってきました。

 

正直、頭で考えた答えが出なくなるまで 辿り着けたのかどうかはよくわかりません(汗)

でも何がそんなに怖いのかを答えているうちに、私の不安は少しずつはがれていったようです。

 

そうなったら何か困るんだっけ?

そうなったとしても別にいいか…

気づくと、あんなに不安だった気持ちが薄らいでいました。

あれ?と自分でも不思議な感じでした。

 

ポイントは「もうこれ以上 答えなんかないよー」と思っても聞いていくこと。

不安な時は、逆に心の奥底を知るいい機会です。

ぜひ自分とじっくり向き合ってみてくださいね。

 

最後に、今日のお話を振り返っておきましょう。

まとめ

  • 不安な気持ちはあっていいと受け入れる
  • 不安は受け入れて中和させる
  • あえて不安の中に入っていく
  • 何が不安なのか自分に聞く
  • 頭で考えられなくなるまで聞いていく

あとがき

「人生で大事なことは5つだけ」は、2015年出版の大木ゆきのさんの本です。

ワークショップの内容をまとめた薄い本なので、あっという間に読めてしまいました。

不安とは、恐れている対象がはっきりしていない時に感じる感情なのだとか。

だから不安の中に奥深く入っていくと、正体がわかって気持ちが軽くなるのかもしれません。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です