困ったことは起こらない

【2003年再編集 斎藤一人 著】
 
こんにちは。困ったことが起こると結構パニくるNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 

「困ったことは起こらないってどういう意味?」

「実際に困ったことが起きてるんだけど!」
 
 
私は何か問題が起きると「あー、困った!どうしよう!」とすぐパニックになっていました。
 
どうしても早く解決したくて、躍起になって解決法を探すのです。
 
でも、焦って動けば動くほど深みにハマったりすることはありませんか?
 
イヤな思いをしただけで、結局は何も解決していなかったり…。
 
今日は、斎藤一人さんの「変な人が書いた成功法則」という本から、困ったことが起きた時に対処する方法をお話します。
 

スポンサーリンク

困ったことは起こらない

困ったことは起こらない
 

私たちは、自分に都合の悪いことが起こると「困った、困った」と言って大騒ぎします。
 
そして、なんとか困ったことを解決しようとするのですが、なかなか解決しません。
 
そんな時は、一人さんの考え方を使うと、問題がすっと解決してしまうのです。
 
どんな考え方かというと、、、
 

nanaconanaco

「困ったことは起こらない」 です!

何か困ったことが起こっても、「困ったことは起こらない」と考えると、本当に困ったことが起こらなくなります。
 
決して、そう考えると気持ちが楽になる、という精神論ではありません!
 
本当に現実が変わるのです。
 
つまり、外の現象は、心の中で解決すると消えてしまうということ。
 

「いやいや、今、実際に困ったことが起きてるんだけど?」
 
そう反発したくなりますね。
 
でもちょっと考えてみてください。あなたは本当にそのことで困りますか?
 

実は、困ったことは神様からのプレゼントで、クリアすると魂のレベルが上がっていくのだとか。
 
少しわかりにくいので、例をあげて説明しますね。
 

まず一人さんの例です。
 

一人さんの困ったことは起こらない

困ったことは起こらない
 

ある時、一人さんは近所の人に「ご両親の面倒をみてあげなきゃダメだよ」と言われました。
 
一人さんはもちろんご両親の面倒を見ていたので、身に覚えのないことを言われて、少しムッとしてしまったそうです。
 
でも、近所の人に親の面倒を見ていないと思われたからといって、自分は何か困るのだろうか?と考えました。
 

  • 毎日ちゃんとご飯が食べられる
  • 健康で、仕事もある
  • 両親は旅行したりと幸せに暮らしている

 
そう考えたら、近所の人からどう思われようが、一人さんは何も困らないことに気づきました。
 
 

困ったことは、困ったと思うから、困ったことになってしまうのです

 

一人さんが困ったと思わなかったら、気づくと誰も何も言わなくなっていました
 
もし「そんなふうに思われたくない」とか「あー、困った」と思い続けていたら、問題はなくならなかったかもしれません。
 
 
何か問題が起こっても、「あ、そうだ、困ったことは起こらないんだった!」と考えられるかどうかが運命の分かれ道なのです。
 

次に、私の例をお話します。
 

スポンサーリンク

私の困ったことも起こらない

困ったことは起こらない
 
少し前に義母が脚を骨折しました。
 
手術をして、しばらくの間、入院することになったのです。
 
一瞬、これは困ったことになったと焦りました。これから毎日、私が義父の食事を作らなければなりません。
 
しかーし! いつも一人さんの本を読んでいる私は違います(笑)
 

nanaconanaco

そうだ、私には困ったことは起こらないんだった!

「ああ、困った~」と言いそうになるのをグッとこらえ、「困ったことは起こらない」と心の中で言いました。

 
その結果、どうなったかというと

  • 料理に自信が持てるようになった
  • 料理のレパートリーが増えた
  • 義父母にめちゃくちゃ感謝された
  • お礼にと、お金を貰った!
  • 実家の母の大変さを理解できた

 

これまで私は、料理は好きだけれど、そんなに上手い方ではないと自分で思っていました。
 
そうしたら、義父は私に気を遣って、食事の度に「おいしいな~」「料理が上手いな~」と褒めてくれます。
 
おべっかとわかっていても、そんなふうに言われたら、料理を作るのが楽しくなりますよね♪
 
義父が好む食材を使ったり、体に良さそうな食材を選んだり、これまで作ったことがない料理にもチャレンジしました。
 
そうこうしているうちに、レパートリーは増え、手際もよくなり、自信が持てるようになったのです。
 
 

困ったことは起こらないと考えたら、本当に困ったことは起こりませんでした
 
それどころか、いろいろと勉強になった有意義な時間になったのです。
 

やっぱり一人さんの言う通りでした。
 
「困った、困った」と大騒ぎせず、困ったことは起こらないと考えて、目の前のことを黙々とやればいいのです。

 

nanaconanaco

一人さんの本については、他にも書いています。よかったらのぞいてみてくださいね⇒素直な人とはどんな人?斎藤一人さんの「素直さこそ最強の武器である」

最後に今日のお話を振り返っておきましょう。

 

まとめ

  • 困ったときには、困ったことは起こらないと考える
  • 困ったことは起こらないと考えると、本当に起こらない
  • 自分は本当にそのことで困るのかどうか考えてみる

 

あとがき

斎藤一人さんは、中学校までしか出ていないそうですが、高額納税者に名前を連ねる大金持ちの社長さんです。

本当に自分ひとりで会社を築き上げ、成功したからこそ、法則の重みがハンパではありません。

商売が大好きな商人、一人さんのように、自分の好きなことで楽しく成功するのが目標です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク