きらッコノートさんで記事が紹介されました

逃げる勇気が必要な時もある!一人さんが語る最高の逃げ方とは?

こんにちは。逃げるのも勇気がいると思うNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「どうして逃げちゃいけないの?」

 

「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマが流行りましたね。

これは外国のことわざだそうですが、日本でも逃げるのは恥ずかしいとか、悪いことのように言われます。

だから逃げようとすると後ろめたい気持ちになるんですね。

でも、逃げるってそんなに悪いことなのかな?

嫌なことはすぐやめてしまう私にはよくわかりませんでした。

そんなとき、斎藤一人さんの「二千年たってもいい話」という講演会のCDで、逃げてもいいという話を聞いたんです。

やっぱりいいんだ、逃げてもいいんだ。

私がとても安心したので、あなたにも伝えたくてこの記事を書きました。

一人さんもこの話が今の時代に必要だと思ったのか「嫌ならやめてもいいんだよ」という新刊が出ていました!

Kindle Unlimitedの無料体験で読めました。

では、私が大好きな逃げる話をみていきます。

逃げる勇気が必要な時もある

逃げる 勇気

逃げるというと、映画やドラマでも悪いことのように使われますね。

「逃げるのか、卑怯者!」とか(笑)

でも一人さんは言います、逃げ道はただの非常口。

あのね、「逃げちゃいけない」と思ってる人、いるけど、そうじゃないんだよ。

積極的に逃げるんだよ。

nanaco

積極的に逃げるって最高!

 

日本のことわざでは「逃げるが勝ち」という言葉があります。

戦うことだけが勝利への道ではなく、時には逃げるほうが得策になる、ということ。

頑張って乗り越えるだけが道じゃないと昔から言われてるんです。

 

もしあなたが、今いる場所で苦しい思いをしているなら、逃げる勇気も必要です

いじめられてたら学校になんて行かなくていいし、ブラック企業なんかで働き続けなくていい。

それは逃げじゃなくて、自分を大切にすることです。

 

今いる場所からは見えないと思うけど、あなたの居場所は他にいくらでもあります。

他の場所に行けば、違う人たちがいて、違う景色が広がっているんです。

勇気を出して一度行ってみたら本当だったとわかりますよ。

 

逃げちゃいけないと我慢しているあなたに、一人さんの「積極的に逃げるんだよ」という言葉を送ります。

 

次は、家族の場合を見ていきましょう。

スポンサーリンク

親の場合も逃げていい

逃げる 勇気

いくら非常口から逃げるといっても、親や身内だったら?

さすがに逃げるわけにはいかないでしょう、と思っていました。

我慢することが愛じゃなくて、縁を切ることが愛なの。

 

一緒にいて幸せになれない親とは縁を切っていい。

強い結びつきだからこそ、縁を切ることでお互いに学びがあるのだそうです。

ずいぶん前から一人さんのお話を聞いていますが、親と縁を切っていいとは初めて聞きました。

昔は親のことに関してはもっと保守的だったような気がします。

 

実は私、だいぶ大人になってから親と仲たがいをしまして…(汗)

いい歳してシャレにならないわ~と落ち込んでいました。

でも親の期待に応えるのは、もういいかげん無理だったんです。

もう会いたくないな~

nanaco

そんなふうに思う私は、なんて親不孝なんだとか、冷たい人間だとか罪悪感と戦っていました。

そうしたら、一人さんがそんなに大げさに考えなくていいと。

たとえ親でも嫌なら会わなくていいし、会いたくなったら会えばいいそうです。

気持ちが楽になりました。

 

というわけで次は、親からも逃げた私がやめることについて語ります。

やめるのは挫折じゃない

嫌なことから逃げるのは、悪いことではありません。

ただ、何かを途中でやめると、挫折したような気持ちになりますよね。

何かをやめるのは挫折じゃないよ

 

やめるのは挫折ではないし、負けでもありません。

でも、いったん始めたことは最後までやり遂げるのが良いことだと思われがち。

だから厄介なんですね。

本当は誰かにとって都合のいいルールなだけかもしれないのに。

 

さらには嫌なことでも頑張って続けないと、努力が足りないと言われます。

努力できない私はダメなんだ…

途中でやめるのは悪いことなんだ…

だから頑張って続けていたけど、どんどん縮こまって自信がなくなりました。

そんなの私が可哀そう!

嫌だからできないだけです。

 

やめるのだってすごく怖いし、勇気がいりますよ。

自分の可能性を信じているからやめるのに、挫折なわけないし、悪いはずもありません。

 

ちなみに、一人さんの人生は「非常口を開けまくり」だとか(笑)

nanaco

まあ私も開けまくりなんですけどね♪

 

最後に、今日のお話を簡単に振り返っておきます。

まとめ

  • 逃げる時は積極的に逃げる
  • 嫌な場所から逃げるのは自分を大切にすること
  • 一緒にいて不幸になる人からは逃げる
  • 何かをやめるのは挫折ではない

あとがき

「二千年たってもいい話」は、講演会を収録したCDで、本は付録でした(笑)

新刊の「嫌ならやめてもいいんだよ」は本のみで、タイトルどおり「逃げること・やめること」に焦点を絞っています。

一人さんのお話しはYouTubeでも聞けるので、興味があったら検索してみてください。

私は一人さんの少しかすれた声が好きなんですよね~♪

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です