逃げる 勇気
【2009年 斎藤一人 著】

こんにちは。逃げるのも勇気がいると思うNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「逃げるのはいけないこと?」
 
 
「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマが流行りましたね。
 
この「逃げるは恥だが役に立つ」は外国のことわざですが、日本でも同じように逃げるのは悪いことのように言われます。
 
逃げるのは恥ずかしい、カッコ悪い。だから逃げようとすると後ろめたいような気持ちになるのです。
 
でも、逃げることってそんなに悪いことなのかな?
 
そんなふうに考えていた時に、斎藤一人さんの「二千年たってもいい話」に出会いました。
 
今回は、一人さんが「逃げてもいいんだよ」と優しく語りかける私の大好きなお話をご紹介します。

スポンサーリンク

逃げる勇気

逃げることも大事
 
逃げるというと、映画やドラマなどでも悪いことのように使われたりしますね。
 
「逃げるのか、卑怯者!」とか(笑)
 
 
でももし、あなたが今いる場所で苦しい思いをしているなら、逃げる勇気も必要です。
 
だって、そこだけがあなたの居場所じゃないですから。
 
今あなたは、その世界にどっぷりつかっていてわからないかもしれないけど、居場所は他にいくらでもあります。
 
他の場所にいけば、違う人たちがたくさんいて、また違う景色が広がっているんです。
 
今いる場所で苦しかったら、具合が悪くなるまで我慢しなくていい。
 
勇気を出して違う世界に行っていいんです。
 
 
日本のことわざには「逃げるが勝ち」という言葉がありますよね。
 
それは、戦うことだけが勝利への道ではなく、時には逃げるほうが得策になるということです。
 
それなのに、いつの間にか私たちは逃げたらダメなんだという気持ちになっていました。
 

nanaconanaco

そもそも、逃げるっていけないことなの?

次でもう少し見ていきます。
 

積極的に逃げる


 
私たちは、なぜ逃げたらいけないと思っているのでしょうか。
 
それは親や先生にそう教えられてきたから。
 
小さい頃に教えこまれたことは、私たちの心や考え方に大きく影響します。
 
もちろん大人たちが教えたかったこともわかりますよ。

  • 何事にも立ち向かう勇気
  • 最後までやり遂げる責任感
  • 何かを続ける持続力

 
できないと思っていたことに、勇気を出して立ち向かってみたら、案外できたり、突破口が見つかったりすることもあるでしょう。
 
責任感があるのも、1つのことを続けるのも素晴らしいことです。
 
でも、身体を壊しちゃうくらい頑張っても、どうにもならないこともあるし、どうしてもイヤな人が現れることだってあります。

 

あのね、「逃げちゃいけない」と思ってる人、いるけど、そうじゃないんだよ。

積極的に逃げるんだよ。

nanaconanaco

逃げる時は思いっきり逃げるんですって!

頑張って乗り越えるだけが道じゃありません。
 
一人さんのお話しを聞いていると、ほっとします。
 

私は逃げると聞くと職場をやめた時のことを思い出します。

そのお話しをさせてくださいね。
 

スポンサーリンク

逃げじゃないよね?

逃げることも大事
 
その昔、職場をやめるときに、仲間から「逃げじゃないよね?」と言われたことがあります。
 
「ここで逃げたらどこへいっても逃げるようになるよ」という意味でしょう。
 

nanaconanaco

でも逃げだったとしても

なんで逃げちゃいけないんだろ?

私なりに頑張ったけれど、もうできないし、やりたくなかった。
 
だから、新しい場所に行って自分を試してみようと思うのが逃げなのでしょうか。
 
そのままそこにいたら、自分に自信が持てなくなっちゃうのに…
 
 
今まで一生懸命やってきたことをやめるのだって勇気がいりますよ。
 
今よりも良い場所があるかもわからないし、今より悪くなることだってあるんです。
 
その時の私にとっては人生を左右するほどの一大事。
 
やめてからはトントン拍子にうまく...いくわけもなく(笑)
 
それでも、その時の自分の選択を後悔したことはありません。
 
 
その一件があって以来、私は「なんで逃げたらいけないんだろう」と、実はずーっとモヤモヤしていたのですが、一人さんの話を聞いて胸のつかえがとれました。
 
斎藤一人さんの本についてはこちらの記事も書いています

最後に、今日のお話を振り返っておきます。
 

まとめ

  • 逃げる勇気が必要な時もある
  • 逃げるのは悪いこと、そう教えられただけ
  • 逃げる時は積極的に逃げる

 

あとがき

この本は、斎藤一人さんの講演会を収録したCDがメインの聴く本です。

だから本のほうが付録なんですね(笑)本を開くと文字が大きくてビックリします。

一人さんのお話しはYouTubeやなんかでたくさん聞けるので、興味があったら検索して聞いてみるといいと思います。

私は一人さんの少しかすれた声が大好き。お話しの上手さにグイグイ引き込まれてしまいます。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
 
 

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク