セパンサーキットへの行き方は?最後のF1マレーシアGP観戦

こんにちは。最後のF1マレーシアGPに行ってきたNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「F1グランプリ観戦にセパンサーキットへ行くには?」

2017年9月、F1マレーシアGP観戦に行ってきました。

19年間も続いたセパンサーキットでのF1グランプリの開催が、なんと2017年で終わりです。

最後のF1グランプリということでマレーシアに観戦に行くことにしました。

この記事のセパンサーキットへの行き方は、あくまでもF1グランプリ開催時の行き方なので、他のレース開催時とは異なります。

今さらF1グランプリの時のセパンサーキットへの行き方を書いても、、、と思いましたが、もしかしたら、またF1が開催されるかもしれません。

その時のために、私たちの行き方を記録しておくことにしますね。

nanaco

ちなみに、クアラルンプールの観光の様子も書きました⇒クアラルンプールも楽しんだ私の観光プラン!F1マレーシアGP
スポンサーリンク

F1グランプリ開催時のセパンサーキットへの行き方

KLセントラル駅に隣接しているホテルに宿泊しました。

セパンサーキットは、クアラルンプール国際空港から車で15分くらいの距離にあります。

空港から直接サーキットに行くなら近いですね。

でも、私たちは空港から直接行くのではありません。

クアラルンプール市内のKLセントラル駅に隣接したホテルに宿泊するので、そこからセパンサーキットに行くことになります。

KLセントラル駅からの私たちの行き方です。

KLセントラル駅
KLIAトランジット
乗車時間 約30分
KLIA駅
シャトルバス
乗車時間 約30分
セパンサーキット 駐車場
バス
乗車時間 約5分
セパンサーキット 入り口

ちなみに宿泊したホテルは、KLセントラル駅からすぐのヒルトンホテル。

電車移動にとても便利でした。

では、まずはKLセントラル駅から電車に乗ります。

F1グランプリ開催時のKLセントラル駅からKLIA駅

KLセントラル駅ではF1グランプリ用のチケットが販売されていました。

  • F1グランプリ用の電車とシャトルバスがセットになったチケット
  • F1グランプリ用のセパンサーキット直行のバスのチケット

バスに1時間以上も乗っていると車酔いしそうなので、私たちは、電車とシャトルバスがセットになっているチケットにしました。

電車とシャトルバスのチケットは、

  • 土曜日と日曜日の2日間の往復券
  • 1人 170リンギット(約5,000円)

まず、KLセントラル駅からKLIAトランジットという電車に乗り、KLIA駅(クアラルンプール国際空港駅)に行きます。

KLIAって、Kuala Lumpur International Airportの略だったんですね。

写真はKLセントラル駅の構内です。写真では見にくいのですが、右側のピンク色の所がKLIAトランジットの入り口です。

乗ってしまえば終点まで乗りっぱなしなので、なんの問題もありません。

nanaco

所要時間は約30分でした

次は、KLIA駅からシャトルバスに乗ります。

F1グランプリ開催時のKLIA駅からセパンサーキット

KLIA駅からは、シャトルバスでセパンサーキットに向かいます。

大型のバスで快適でした。途中でスコールが降ってきました。

こちらも所要時間は約30分。

セパンサーキットへ着いた! …と思ったら、また違うバスに乗り換えるように誘導されます。

え、またバスに乗るの?

nanaco

小型のバスに乗り換えてすぐにサーキットの入り口に着きました。

5分もかからなかったと思います。(このバス必要?)

こんなに乗り換えるなら、KLセントラル駅からF1グランプリ用の直行バスのほうが早そうですね。

さて、次は帰り道のお話です。

スポンサーリンク

F1グランプリ開催時のセパンサーキットからの帰り道

さて、セパンサーキットからの帰りは、もちろん行きと反対に帰ればいいだけなのですが、問題が1つあります。

サーキットの駐車場~入り口間で「このバス必要?」と思ったバスは、行きは5分の道に、帰りは20分くらいかかりました

行きに5分の距離が、帰りには20分もかかるって何?

nanaco

一方通行なのか、渋滞のせいなのかわかりませんが、とにかくバスに乗るほどの距離ではありません。

道がわかれば歩いてしまった方が早いです。

前日の帰りには、誘導されるがままサーキットの出口からシャトルバスに乗りましたが、決勝日はサーキットの前の道をバスの駐車場に向かって歩きました。

おそらく、車の通りをたくさんの人に歩かれると危ないので、サーキットの出口から駐車場までバスを出しているのではないかと推測します。

すでに駐車場にはシャトルバスを待つ人の行列ができていました。

係りの人に「このチケットはここでいいですか?」と一応確認。

決勝日の帰りは、シャトルバスに乗るまでに50分くらい待ちました

行列に並んでいる場所で、チームTシャツのたたき売りをしていたので購入。

時間もたっぷりあるし、マレーシアのお金リンギットも余っていたので。

やっとバスに乗って、揺られること40分

KLIA駅も人で溢れていました。

もちろん電車も満員です。KLセントラル駅まで約30分

帰りの渋滞には、どこのグランプリでも「うへ~」となりますね。

 

渋滞と混雑は本当に大変だけど、F1観戦はやっぱり楽しい!

ということで、決勝が終わったあと解放されたセパンサーキットの様子です。

◆セパンインターナショナルサーキットクアラルンプール国際空港から車で約15分

クアラルンプール市内から車で約1時間

 

まとめ

この記事のセパンサーキットへの行き方は、F1グランプリ開催時の行き方なので、他のレース開催時とは異なります。

2017年の私たちの行き方は、

KLセントラル駅
↓ KLIAトランジット(約30分)
KLIA駅
↓ シャトルバス(約30分)
セパンサーキットのバス駐車場
↓ バス(約5分)
セパンサーキットの入り口

決勝日の帰りはもっと時間がかかります

あとがき

クアラルンプールは、羽田から直行便が出ていて、空港からすぐ近くにサーキットがあるので、ネットでは“鈴鹿に行くより行きやすい”と言っている方もいました。

私たちは、クアラルンプールの中心部にホテルをとったので、そこまで行きやすいわけではなかったです。

今回のマレーシアGPはツアーではなく、個人で飛行機もホテルもF1のチケットも手配してみました。

そちらの記事もこちらに書きましたので、よかったらご覧になってくださいね⇒F1マレーシアGPはツアーで行く?それとも個人手配?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です