シンガポール gp チケット
 
こんにちは。サーキット内にある観覧車に実はちょっと乗りたかったNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
 
「F1シンガポールGPのチケットはどれがいい?」

「プレミアウォークアバウトってどうだった?」
 

2012年のF1シンガポールGPを、私たちはプレミアウォークアバウトチケットで観戦してきました。

F1シンガポールGPはセキュリティがとても厳しかったです。

入り口のゲートで、チケットを見せて、バッグの中身をチェックされ、さらに金属探知機で全身をチェックされてから中へ入りました。

でも、世界各国から本当にたくさんの人が集まるレースですから、そのくらいチェックしてもらった方が安心ですね。

今日はF1シンガポールGPのチケットについて、観戦した様子を交えてお話しします。
 

スポンサーリンク

F1シンガポールGPのチケットはどれがいい?

シンガポール gp チケット
 
私たちが行ったのは、2012年の日通旅行のF1シンガポールGP観戦ツアー

日通旅行が扱っていた観戦チケットは3種類でした。

  • ピットスタンド:ピットの向かいにある観戦スタンド
  • ベイスタンド:マリーナに面している観戦スタンド
  • プレミアウォークアバウト:座席はなく自由エリアでの観戦

 
プレミアウォークアバウトというチケットが少しわかりにくいですが、座席がなく自由エリアで観戦するチケットです。
 
サーキットのあちこちにプラットフォーム(立ち見台)が設置されていました。
 
プレミアというと何か高級っぽく感じてしまいますが、ただのチケットの名前です^^;
 
プレミアウォークアバウトのチケットは、ほとんどのエリアに入場できるので、

  • レースをいろんな場所から見たい
  • F1の雰囲気を味わいたい

という時にいいかもしれません。
 

観戦チケットによって、ツアー代金が違いました。
 
参考までに2019年の日通旅行さんのツアー代金をのせておきます(4日間、羽田発)

チケット別のツアー代金
  • ピットスタンド:335,000円
  • ベイスタンド:245,000円
  • プレミアウォークアバウト:265,000円

 
座席がないのに、ベイスタンドよりもプレミアウォークアバウトのツアー代金の方が高いという…
 
予算と希望をすり合わせ、チケットを選ぶしかありませんね~
 

nanaconanaco

初めてのシンガポールGPは、私たちはプレミアウォークアバウトチケットで観戦です!

次で、実際に観戦してみた様子です。

 

シンガポールGPをいろいろな場所から観戦!

シンガポール gp チケット
 
プレミアウォークアバウトは立ち見なので、いろいろな場所で見ることができます。

写真はターン8を過ぎたところ。マシンがすぐ目の前を走り抜けていきました!

ナイトレースなので、車体に照明があたってキラキラしていて綺麗です♪
 
 
短い動画を撮ってみました。雰囲気だけでも伝わるでしょうか(音が出ます)


 
 

こちらは予選の日のフリー走行3回目。ターン1のあたりから。

シンガポール gp チケット

ピットを出てくる時は、スピードが出てないので、もしくはちょっと止まるので、マシンの写真が撮れました。

 
 
こちらは最終コーナーを曲がってきて、ピットに入っていくところです。

シンガポール gp チケット

 
 

こちらはコース内にある観覧車、シンガポールフライヤー。
シンガポール gp チケット
 
このシンガポールフライヤーの下には、食事できる店もあり、セブンイレブンも、トイレもあって便利でした。

この観覧車の下のあたりは、最終コーナー手前のストレート。

マシンがすぐ目の前を走り、タイヤが縁石にのってズズッという音がします。

おまけにタイヤのすえた匂いまでする場所なのに、とても空いていました。

「なんでだろう?」

なぜかは、すぐに判明しました。

スクリーンがないから。
 
スクリーンがないと、途中経過などレースの全体像が把握できません。

おかげで誰がポールポジションをとったのかもわかりませんでした。​オイオイ…
 

次に、プレミアウォークアバウトで観た私の感想です。
 

プレミアウォークアバウトはよかった?

シンガポール gp チケット
写真はマリーナ方面の夕景。ビルにレーザーでマシンが描かれていました。
 

さて、プレミアウォークアバウトで観戦した私の感想は、、、
 

nanaconanaco

プレミアウォークアバウトも楽しい

でも決勝は指定席で見たい!

フリーでは余裕で見られた場所も、決勝では人が多くて前の方では見られませんでした。
 
自由席で決勝をちゃんと見たければ、早く行っていい場所をキープする必要がありそうです。
 
サーキット内を歩き回り、いろんな場所で観るのも楽しかったけど、決勝はスクリーンを見ながらしっかり見たかったな。
 
というわけで、またF1シンガポールGPを観戦するなら、今度は指定席にしようと思っています。
 
 
レース後は、解放されたサーキットに観客が入ってきて、それぞれ思い思いに過ごしていました。

シンガポール gp チケット
 

はい、出ました、お得意のタイヤカス拾い。

シンガポール gp チケット

 
歩き疲れて脚が棒になっても、やっぱりF1観戦は楽しい!

ということで、今日のお話を簡単に振り返っておきましょう。
 

まとめ

私たちが2012年に参加した日通旅行のF1シンガポールGP観戦ツアーでは、観戦チケットの種類は3種類でした。

  • ピットスタンド:ピットの向かいにある観戦スタンド
  • ベイスタンド:マリーナに面している観戦スタンド
  • プレミアウォークアバウト:座席はなく自由エリアでの観戦

 

観戦チケットによってツアー代金が違います(例/2019年の4日間 羽田発の場合)

  • ピットスタンドのツアー代金:335,000円
  • ベイスタンドのツアー代金:245,000円
  • プレミアウォークアバウトのツアー代金:265,000円

 

あとがき

シンガポールはとても楽しかったので、また行こうと言いつつ、なかなか2回目に行けていません。

今度はゆっくりしたいと思いながら、どんどん変わりゆくシンガポールの街をまた昼間に歩き回ってしまいそうな気がします^^;

観戦の前にシンガポールを観光した記事も書きました⇒シンガポールでF1の前に観光も楽しむべし!F1シンガポール観戦記

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク