いい加減 に 生きる

【2016年 心屋仁之助 著】
 
こんにちは。いいかげんそうに見えて、わりと真面目なNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「自分軸で生きる方法って?」

「頑張ってるのに報われない」
 
 
著者の心屋さんは人気の心理カウンセラーさんです。テレビ番組で、悩める人に優しくアドバイスしているのを見たことがあります。
 
「いいかげんに、生きる」は、心屋さんのフォトメッセージ本。
 
おサルさんが気持ちよさそうに温泉に浸かっている表紙の写真には、こちらまで癒されますね。
 

最近では、自分軸という言葉をよく耳にするようになりました。
 
著者の心屋さんは、昔は真面目で頑張り屋さんでしたが、なんだか苦しかったのだそうです
 
それは自分軸で生きていなかったからかもしれません。
 
今日は心屋さんの「いいかげんに、生きる」を参考に、自分軸についてお話ししたいと思います。
 

スポンサーリンク

自分軸で生きるって何?


 
自分で言うのもなんですが、わりと真面目で頑張り屋だった私。
 
真面目にやってるのに報われず、もうすべて投げ出したくなったことがあります。
 
もちろん真面目で頑張り屋なのは全然悪いことではありません。
 
でももし、頑張りすぎて心が疲れてしまっているとしたら、少し立ち止まって考えてみてください。

  • ~しなきゃ、でやっていないか
  • ~すべき、でやっていないか

 
もし「~しなきゃ、~すべき」で頑張っているとしたら、それは他人に重心をおいている可能性があります。
 
他人に重心をおいているというのは、

  • 他人にどう思われるか
  • 他人に嫌われないか
  • 他人に迷惑をかけていないか

 
そうやって他人や世間に目を気にしている状態です。
 
もしそうなっていたら、自分に軸を持ってくるのです。
 

nanaconanaco

自分に軸を持ってくる?

つまり、自分に中心に考える、自分の気持ちを優先するということです。

自分軸で生きる
  • 自分がやりたいからやる
  • 自分が心地いいからやる
  • 自分が好きだからやる

 

次で、詳しく見ていきましょう。
 

自分軸で生きる方法は?

いい加減 に 生きる
 
自分軸で生きる方法はカンタン。
 
あなたがやりたいから、好きだからの方を基準に生きればいいのです。
 
でも、これまでそうしてこなかったあなたには少し難しいかもしれません。
 
だから、まずは

  • 頑張りすぎてしまうなら、少し適当にやってみる
  • 迷惑をかけちゃっても大丈夫だと思うようにする

 
こんなところから始めてみましょう。
 

そう言うと、あなたは、
 
「私はわりとやりたいことをやってる」と思うかもしれません。
 
 
ではなぜ、あんなに腹が立つ人がいるのでしょうか?
 

nanaconanaco

え? 腹が立つ人?

いるけど、なんか関係ある?

腹が立つ人がいるのは、その人がうらやましいからです。
 
その人は、あなたがやりたくてもできないことをやっている人
 
あなたが我慢していることを、いとも簡単にやっているから、うらやましい。
 
だから悔しくて腹が立つのです
 

・・・確かに、そのとおり。
 
私がムカついたあの人は、私がやりたくてもやれなかったことをやっている人でした
 
さあ、これであなたのやりたいことがわかりましたね?
 

nanaconanaco

それなら、あなたもやればいいだけ!

次で具体的に見ていきましょう。
 

他人軸でいることに気づいたら

いい加減 に 生きる
 
例えば、仕事が忙しいときに平気で休みを取る人がいたりしませんか?
 
「私は我慢しているのに」と許せない気持ちになるかもしれません。
 
でも、あなたが我慢しているのは、他人に重心をおいているからです。

  • 他人に嫌われたくない
  • デキる人だと認められたい
  • ズルいと思われたくない

 
休みたいなら休めばいいのに、人に悪く思われるのがイヤだから休まない。
 
それなら我慢した方がいいや、となるわけです。
 

休みたい
  ↓
でも人から悪く思われたくない
  ↓
我慢して休まない
  ↓
休む人にイライラする
  ↓
休みたい

 

なんという悪循環っ!
 

好き勝手やっている人にイライラしたら、あなたの本当の気持ちが隠れています
 
他人の気持ちばかり優先する他人軸になっていることに気づきましたか。
 
そういうことだったんです。
 

もう少し見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

自分を優先させる

いい加減 に 生きる
 
ムカつく人やイライラする人がいると、なんとかして相手を変えたいと思うかもしれません。
 
でも問題は、相手ではなく私の方にあったんですね。
 
その人がやっていることが羨ましかったら、自分もやればよかったのに。
 
自分を優先させて、やりたいことをやればよかったんです。
 

nanaconanaco

でも自分を優先させていたら人に嫌われちゃう

私も人に嫌われたくなくて、遠慮したり譲ったりしていました。
 
でもそうすると、ずっとモヤモヤした気持ちが残るんですよね~
 
今でも私は、他の人にどう思われるかを気にします。
 
それでも、自分がやりたいことをやって嫌われるなら、それもしょうがない。
 
そこまでの関係だったんだと思えるようにもなりました。
 

つまりね、幸せになるには、運が開けるには、
「自分が、今、本当にやりたいこと」をやることが大切なんです。
それをやっていくことだけが、人生を変えていくのです。

 
それでもなお「嫌われたくない」という思いにとらわれてしまうでしょうか?
 
これまで他人を思いやり、一生懸命生きてきたあなたが、ちょっとぐらいやりたいことをやったって嫌う人なんていないと、私は思います♪
 

心屋さんの記事は、こちらにも書いています。よろしければのぞいてみてくださいね~

最後に今日のお話を簡単に振り返っておきましょう。
 

まとめ

  • 自分軸で生きるには「やりたいから」「好きだから」で考える
  • 他人軸になっていることに気づいたら、軸を自分に持ってくる
  • 他人ではなく、とりあえず自分を優先させる

 

あとがき

若い頃は、歌手になりたかったという心屋さん。あきらめていた夢だけど、やっぱり歌が歌いたくてバンドを作って、“やりたいことをやる”を徹底しています。

批判もされたそうですが、誰に何を言われようが関係ないと、やりたいことを貫いています。

誰の人生でもない、自分の人生ですもんね。私も負けじと好きなことをやっていこうと改めて思いました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク