「いいかげんに、生きる」心屋さんの言葉でもっと楽に生きる

いいかげんに生きる 心屋
 
こんにちは。いいかげんそうに見えて、わりとマジメなNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「いいかげんに生きるって何?」

 
「いいかげんに、生きる」は、人気の心理カウンセラー、心屋さんのフォトメッセージ本です。
 
おサルさんが気持ちよさそうに温泉に浸かっている表紙の写真には、こちらまで癒されますね。
 
昔はマジメで頑張り屋さんだったいう心屋さん。
 
それが苦しかったので、同じような人にもっといいかげんに生きた方がラクだと伝えたいのだそうです。
 
私は仕事を頑張っていても報われず、すべてを投げ出したくなった時に「いいかげんに、生きる」に出会いました。
 
重苦しい気分が少し軽くなったので、あなたにもお話ししたいと思います。
 

スポンサーリンク

いいかげんに生きる

いいかげんに生きる 心屋
 
「いいかげんに生きる」とは面白いタイトルですよね。
 
著者の心屋さんは、真面目で一生懸命な人や、つい頑張りすぎてしまう人に、いいかげんに生きることを勧めています。
 

nanaco

いいかげんに生きる?
真面目な人はサボるぐらいでちょうどいい。
 
そんなにガチガチにルールに縛られないで、もっと肩の力を抜こう。
 
もう少し適当だって大丈夫だよ、ということです。
 
 
私も結構マジメで(自分で言う)さらに 歳も結構いってるので(悲しいけど自分で言う)社会のルールや常識にとらわれまくりでした。
 
仕事はこうするべきだとか、会社ではこうしなきゃとか。
 
この頃の私は、仕事を頑張っても報われず、なんだかひどく疲れていました。
 
心屋さんいわく、~すべき、~しなきゃで行動しているのは、他人に重心を置きすぎているから。
 
そんな時は、もっと自分の気持ちを優先します
 

  • 自分がやりたいからやる
  • 自分が心地いいからやる

 
自分の気持ちを優先すると、私たちはもっと楽で幸せに生きられるそうです。
 
 

でも、職場でやりたいことだけやってるわけにいかないよ~

nanaco

次で、詳しく見ていきます。
 

やりたいことをやる


 

確かに、職場でやりたいことだけやっているわけにはいきませんね。
 
そんな中でも、わりと自分の気持ちを優先している人はいませんか?
 
改めてその人を観察してみたら、私よりもずっと生きやすそうに見えました。
 
 
例えば、その人は仕事が忙しい時でも平気で休みを取っていました。
 
「みんな休まずに頑張っているのに」とイラッとした私。
 
休みたいなら私も休めばよかったんです。
 
でも私は、人に悪く思われるのがイヤだから休まない。
 
我慢した方が気が楽だから休まなかったんです。
 
それなのに、その人にイライラするというね…
 

休みたい
  ↓
でも人から悪く思われたくない
  ↓
休まない
  ↓
休む人にイライラする
  ↓
休みたい

 

なんという悪循環!
 
だから他人にどう思われるかではなく、自分の気持ちを一番に考えればよかったのに。
 
あの人が私よりも楽で生きやすそうな理由がわかりました。
 
職場でだって、やりたいことをやっている人はいます。
 
誰かがやっていて羨ましければ、私もやればいいだけです。
 

でも自分の気持ちばかりだと人に嫌われない?

nanaco

次でもう少し見ていきます。
 

スポンサーリンク

人に良く思われたい?

いいかげんに生きる 心屋
 
結局のところ、頑張りすぎて疲れたり、人にイライラしたりする原因は、私自身の考え方でした。
 
これまで私は人に嫌われないように遠慮したり我慢したりしてきました。
 
あまりにもそれに慣れすぎていて、今の今まで遠慮や我慢していたと気づかなかったくらい。
 
下手するとお金を払ってサービスを受ける立場でも相手に気を遣っていました。
 

nanaco

どんだけ-!!?

どんだけ人に良く思われたいん?

でもそうしていると、なんかモヤモヤした気分が残ります。
 
なんだかわかんないけど疲れた~みたいな感じ。
 
心の奥底では、自分が我慢していたことをちゃんとわかっていたんですね。
 
 
心屋さんは人に嫌われても、やりたいことをやることを推奨しています。
 
嫌われない程度にやりたいことをやるんじゃダメだとも(笑)

つまりね、幸せになるには、運が開けるには、
「自分が、今、本当にやりたいこと」をやることが大切なんです。
それをやっていくことだけが、人生を変えていくのです。

 

いくら嫌われたくなくたって、人の気持ちなんて本当にわかりません
 
私が良かれと思ってやったことを、悪くとられた時にはびっくりしました。
 
そうなると、他人の気持ちを考えてビクビクするなんてバカバカしいですよね?
 
自分がやりたいことをやって嫌われるなら、それもしょうがない。そこまでの関係だったんだ。
 
これまで他人を思いやり、一生懸命やってきたんだから、もうよくない?
 
私もやっとこんなにふうに考えられるようになりました。
 

少しずつでもいいから、一緒にいいかげんに生きませんか?
 

心屋さんの記事は、こちらにも書いています。よろしければのぞいてみてくださいね。

 

最後に今日のお話を簡単に振り返っておきます。
 

まとめ

  • 頑張りすぎてしまう人は、いいかげんに生きるくらいでちょうどいい
  • どう思われるかを気にして、~すべき、~しなきゃでやるのをやめる
  • 自分がやりたいから、好きだから、でやる
  • 他人ではなく自分を優先させる

 

あとがき

若い頃は歌手になりたかったという心屋さん。あきらめていた夢だけど、やっぱり歌が歌いたくてバンドを作って、やりたいことをやってます。

批判もされたそうですが、誰に何を言われようが関係ないと、やりたいことを貫いています。

誰の人生でもない、自分の人生ですもんね。私も負けじと好きなことをやっていこうと改めて思いました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 

 
スポンサーリンク

 

2 COMMENTS

和子

本の紹介がとてもわかりやすいです。心屋さんのキーワードからこちらのブログにつながりました。49歳の人生行き詰まり中なわたしです。
Nanacoさんの文章から優しさや温かさを感じました。ステキだなと惹かれました。
プロフィールも拝見しました。いろんな経験をされてるんだなぁと思いました。

返信する
Nanaco

和子さん、こんにちは。
温かいコメントをどうもありがとうございます。プロフィールまで見てくださって本当に嬉しいです。

人生行き詰まりのように感じてしまうことってありますよね。よくわかります。
そんな時にも人に優しい言葉をかけられる和子さんが素敵です。
どうか、その行き詰まりのように見えるものが、実は何かのチャンスでありますように♪(というか、私にはそう思えるのです)
49歳いいな~(笑)まだまだこれからですね!

よかったらまたお立ち寄りいただけたら嬉しいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です