TAFE付属の語学学校ってどんな感じ? シドニー語学留学体験記 

tafe 語学学校

こんにちは。厳しい語学学校にヒーヒー言っていたNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「TAFE付属の語学学校ってどんな感じ?」

「シドニー語学留学体験記 留学エージェントはどこにしよう?」でお話ししましたが、エージェントから希望の学校を聞かれた時に、厳しい学校をリクエストした私。

課外授業があったり、楽しい雰囲気の学校もあると言われたけれど、とにかくしっかり勉強できるところに行きたかったのです。

厳しい学校と一口に言っても、いったいどんなふうに厳しいのか、よくわかりませんね。

私が通った語学学校は、「えー、またテスト?」と辟易するくらい よくテストがありました。

実際に通ってみなければわからないことがたくさんあります。

今日は、少しでもイメージできるように、語学学校についてお話ししてみたいと思います。

スポンサーリンク

TAFE付属の語学学校とは?

tafe 語学学校

シドニーで私が通った語学学校は、TAFE(テイフ)付属の語学学校です。

TAFEとは、Technical and Further Educationの略で、オーストラリアの公立の職業訓練校

そのTAFE付属の語学学校なので、卒業後にTAFEで専門のことが学べるくらい、英語力をつけなければなりません。

だから英語力が足りないと判断されれば、進級させてもらえません。

「やばい、私リピートだよ~」

つまり、同じレベルのクラスで、もう一学期 勉強するという意味です。

授業は、もちろんすべて英語。

  • 文法
  • リスニング
  • リーディング
  • スピーキング
  • ライティング

他にも、チームでプレゼンテーションしたり、上のクラスでは1人でのプレゼンテーションもありました。

自分では勉強していったつもりでしたが、授業では言いたいことも言えません。

みんなの話についていけず、毎回冷や汗をかいていました。

もう少しみていきます。

よくテストをする学校

tafe 語学学校

5週間かけて1学期を終えると、5週目に進級できるかどうかのテストがあります。

テストは5週目の進級テストだけではなく、週1回ペースで小テストをされていました。

かえってきたテスト用紙の右上には、いつも大きくFと書いてあります。

そうです、FはFail、落第の意味ですね。

PだったらPass、合格です。

小テストがFailばかりの私のような人は、学期末の最終試験に絶対Passしないと進級できません。

途中で事の重大さに気づいた私はもう必死。

その甲斐あってか、小テストでFailばかりでも、最終試験でPassをとるというミラクルを発揮しました。

nanaco

でも今思えば、もう一度同じクラスをやり直してもよかったかも

だって私は、早く卒業してTAFEに行くことが目的ではなく、英語が話せるようになるためにシドニーまで来たのです。

なんとかギリギリで進級していくことが、私にとって意味があったのかどうかわかりません。

でもその時は、絶対に進級テストに合格しなければ!という思いにとらわれていたんです。

まあ、そういう試験があるから必死で勉強して、英語力がつくのかもしれませんが。

次は、語学学校の考え方です。

  スポンサーリンク

語学学校を卒業すると

tafe 語学学校

私と同じ時期に卒業したクラスメイトたちは、ほとんどがそれぞれの目的にあったTAFEに入学していきました。

オーストラリアの大学や、TAFEなどの専門学校に入学するには、IELTS(アイエルツ)のスコアの提出が求められます

IELTSとは、International English Language Testing System の略で英語の能力テスト

オーストラリアではTOEICよりIELTSです

 

ですが、私たちのようにTAFE付属の語学学校を卒業すれば入学に必要なIELTSのスコアをとったのと同等とみなされます

つまり、個人でIELTSを受験する必要がありません。

なので、将来TAFEで専門的なことを学びたい人は、最初からTAFE付属の語学学校にするといいかもしれません。

同じように、将来オーストラリアの大学へ進みたい人は、その大学の付属の語学学校を卒業すれば、IELTSの受験が免除されるはずです。

語学学校では上の方のクラスになったら、クラスも減り、日本人率が高くなりました。

日本人はやっぱりTAFE付属の語学学校を卒業して、TAFEに進むという人が多いと思います。

でもタイ人の男の子などは、自分でIELTSを受験してスコアを取ったら、語学学校は途中でやめていましたね。

語学学校にお金をかけて卒業までいなくても、TAFEや大学に必要なスコアがとれればいいのですから。

語学学校の勉強で大変だった私は、そんなこと考えたこともありませんでした。

いろんな国から、いろんな人が、いろんな目的を持って学校に来てるんですよね~

nanaco

ちなみに私は卒業後、TAFEに入学しました

ということで、少しはイメージできたでしょうか。

あなたの学校選びの参考になれば嬉しいです。

あとがき

当時、私が通ったTAFE付属の語学学校は、TAFEのSt.Leonard(セント・レオナルド)校の一角にありました。

都会のビルの中の教室と違い、大学のようなキャンパスに通えたこともよかったです。

先生が教卓の上にちょこんと腰かけて授業を始めた時はびっくり!日本の学校ではありえない光景ですよね(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です