韓国ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」私の感想

こんにちは。実は韓国ドラマ好きのNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」というタイトルがちょっといただけないけど、面白いドラマでした。

恋に仕事に一生懸命頑張る30代半ばの女性 ユン・ジナを、ソン・イェジン。

親友の弟である年下男子 ソ・ジュニを、チョン・ヘインが演じています。

 

ユン・ジナは仕事ができるけど、会社と現場の板挟みになったり、同僚からは面倒な仕事を押しつけられたり、なにかと大変そうな毎日を送っています。

彼氏にも振られてしまい、恋愛もうまくいきません。

ある日、仕事でアメリカにいたソ・ジュニが韓国に戻ってきて、バッタリ再会。

2人が勤めている会社が同じオフィスビル内にあるんです。

自然と顔を合わせる機会も多くなり、2人の距離は急速に近づいていきます。

そんな2人の前に、ジナの職場の問題や、元彼の暴走、さらには過干渉の母親が立ちはだかって…

 

韓国で2018年に放送されたこのドラマ。胸キュンの恋愛だけでなく、現代の女性たちが直面する問題を取り上げていて、なにげに深いです。

今日は気になったところについて私なりの見解を書いてみました。

スポンサーリンク

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」職場事情

ユン・ジナは、その仕事ぶりから上司にかわいがられているけど、同僚からは優等生だの八方美人だのと揶揄されています。

争いを好まない彼女は、面倒なことを避けたくて、上司のセクハラをも我慢してやり過ごしていました。

いやいや、セクハラは我慢してちゃダメだろう

nanaco

そんな彼女が、年下の彼 ソ・ジュニとつきあうことで変わっていきます。

彼女が変わることで、彼女を取り巻く周りの状況も変化していくことに…

 

結局、自分に起こるイヤなことや大変なことは、全部自分が選んだ結果なんですよね。

イヤな思いをさせられているのに、嫌だと言わずに笑って受け流していたら、そういう扱いをしていい人なんだと思われます。

我慢することを選択し、自分を軽んじていたのは、誰でもない自分だったんです。

 

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」家庭事情

ジナは家族内でもなんだか大変そう。

彼女の母親は、家柄や学歴、地位や名誉を重んじ、何かと娘に干渉します。

娘を条件のいい人に嫁がせたいと思うあまり、ソ・ジュニとの交際を鬼のように反対します。

ジナは親が間違っているとわかっていても、そこまで強く出ることができません。

親を悲しませたくないという気持ちもあるかもしれないけど…

親にタテつくと面倒だからという理由で、ここでも親にとってのいい子でいることを選んでいます。

たとえ親でも、イヤなことは嫌だと言わないと相手を増長させることに。

 

親に関してはなかなか厄介ですね。

なにしろ子どもだった私たちは親に育ててもらわなくてはなりません。

私も親に好かれようと、いい子でいることを選んでいました。

そうするうちに、大人になってからも、親を怒らせないように持ち上げて話を合わせることが普通になっていました。

私の場合は、最終的に爆発してしまったので(汗)そうならないように、ちゃんと自分の意見を言うことを選んだほうがいいです。

 

それにしても35歳の娘に親がそこまで口を出す?

国が違うのでよくわからないけど、働いているんだから1人暮らしすればいいのに。

「何でもいいから早く嫁に行ってくれ」と懇願された私とは大違い…

nanaco

 

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」最後に

一生懸命に頑張るジナの姿を苦しく感じてしまうなら、あなたもどこかで我慢しているのかもしれませんね。

うまくいかせたいからと、自分に何かを強いている今の状況は、本当にうまくいっているのかな?

このドラマでは、良かれと思って我慢していると、かえって変な方向にいってしまうことがよくわかります。

私はもう、これまでの関係が崩れるとしても、自分を大切にする選択をしていくつもりです。

 

このドラマを観たら、真っ直ぐにジナを想うジュニが可愛くて、ヘインくんファンになってしまうのは確実。

特にジュニがなかなか想いを伝えられないもどかしいシーンは絶品です。

ただ、チョン・ヘインくんが少年のように見えるので、見慣れないうちはソン・イェジンさんと似合わない感じ。

ソン・イェジンさんもそのことを気にしていたとか。

 

ソン・イェジンさんは映画「私の頭の中の消しゴム」でも有名で、美しいだけでなく演技派のイメージ。

このドラマのヒットを受けて、チョン・ヘインくんとの第2弾の出演依頼があったけど、それを断り「愛の不時着」を選んだそうです。

役柄と違い、見る目があって、バシッと断れる女優さんでした~

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です