感情 コントロール 訓練

【2010年 アルボムッレ・スマナサーラ 著】
 
こんにちは。怒りの感情は本当にイヤ!できれば怒りたくないNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
 
「感情をコントロールする方法があるなら知りたい」
 
 
私は接客業の経験があるのですが、ごくたまに、もう本当に人生の修行としか思えないような人に出くわすことがありました。
 
短気で、すぐ怒る人には「私のほうがアタマにきてるんだよーっ!」と思うこともしょっちゅう。
 
そんな人に刺激されて、こちらにまで怒りが湧いてきてしまうことが本当に嫌でした。
 
 
他人の怒りの感情に飲み込まれることなく、変わらず平常心を保てるようになりたい。
 
そのためにはどうしたらいいのだろう?
 
「恐れることは何もない」という仏教の教えをわかりやすく書いた本の中に、ヒントがありました。
 
今日は、感情をコントロールする訓練をしようというお話しです。
 

スポンサーリンク

感情をコントロールする方法とは?

感情 コントロール 訓練
 
思わずムッとしてしまうとき、怒りの感情がわいてしまうとき、ありますよね。
 
そんな時、いったいどうしたら感情的にならずに済むのでしょうか?
 
「恐れることは何もない」の中に、感情をコントロールするための方法がありました。
 

それは、一旦停止するという方法です

 

車に乗っていれば、踏切の前で一旦停止しますよね?
 
それと同じことを人生に応用するのです。
 
 
何かあっても、すぐに話し始めるのではなくて、一旦停止します
 
一旦停止してから話そうとすると、その時に芽生えた一時的な感情は抑えられてしまうそう。
 
だから反射的に何か言いたくなっても、ぐっと我慢して一旦止めることです。
 

nanaconanaco

つい反射的に言いたくなっちゃう

売り言葉に、買い言葉というやつですね。
 
でももし相手にイヤな言葉を投げかけられて、こちらも同じように言い返すと、険悪な雰囲気になります。
 
そんなふうにして物事がうまく解決することはありません。
 
 
行動についても同じこと。
 
何か起こっても、すぐに行動するのではなく、一旦停止してから、改めて行動するように。
 
nanaconanaco

ギクッ! 私はわりとすぐに行動しちゃう

だからこそ、一旦停止します。
 
ついやってしまうクセを変えるための訓練なんですよね。
 
 
著者いわく、一旦停止することは、人生全般に効果があるお守り
 
どんな時でも一旦停止を心掛ければ、すべては必ずいい方に転がっていくといいます。
 

では、どうして感情のコントロールが必要なのか、みていきましょう。
 

どうして訓練が必要なの?

感情 コントロール 訓練
 
怒りの感情がわいても、ぐっと我慢して一旦停止。
 
そもそも、私たちはどうして何かあるとすぐに腹を立てたり、イライラしてしまうのでしょうか。
 
なぜなら、心は一番簡単でやりやすい感情を優先するから。
 
心がやりやすい感情というのは、

  • 怠けること
  • 欲張ること
  • 怒ること
  • 嫉妬すること

 
怒ることは、私たちの心がやりやすいことなんですね。
 
だから、何かあるとすぐに怒ってしまって、あとで冷静になって「あんなに怒らなければよかった」と後悔します。
 
感情をコントロールせずに、心の赴くままに行動すると、私たちは悪い方へ悪い方へといってしまうそうです。
 
 
お釈迦様いわく、

心というものは本来ものすごく暗くて、怠けもので悪そのものといってもいい、それほど穢れた(けがれた)ものなのだ。でも、智慧によって、精進努力することによってその穢れがどんどん取れていく。

 

nanaconanaco

え? 心は本来ものすごく暗いもの?

心って本来ピュアなものなのかと思っていました。
 
年齢を重ね、経験を積むことで、暗くなったりひねくれたりするのだと。
 
そうではなく、悪い感情は自然に発生し、良い感情は、自然には出てこない
 
だから、訓練して心を育てる必要があるんですね。
 

次は私が一旦停止できた時のことをお話しします。
 

スポンサーリンク

訓練してまで感情をコントロールする?


 

訓練をしてまで、感情をコントロールする必要なんてあるのでしょうか?
 
怒りだってエネルギーの一種です。
 
怒りたいときは、ため込まずに思いっきり発散したほうがいいような気もします。
 
それに、自分だけが我慢してるなんてバカみたいとも思いました。
 
 
私はある時、頭にくることがあったけれど、相手には怒らず我慢したことがあります。
 
本当はしばらく怒りが収まりませんでした。
 
それでも後になったら、やっぱり怒らないでよかったです。
 
怒ってしまった相手は、もう引っ込みがつかなくなっていました。
 
 
怒りの感情は誰にでもあるけれど、その器にはだいぶ違いがあります。
 
短気な人は、すぐに怒りを発散するクセがついちゃってるんでしょうね。
 
それって年齢を重ねると、直らないどころか加速していくような気もします。
 
すぐ怒る人はつきあうのが面倒だから、だんだんと周りに人がいなくなるんじゃないかしら?
 

nanaconanaco

怒ってばかりの人生はもったいないな~

やっぱり訓練して、感情をコントロールした方がよさそうですね。
 
私は一旦停止をして、自分の心を育てていこうと思います。
 
イライラしないための記事をこちらにも書きました⇒「考えない練習」は考えること?イライラしないために五感を使ってみる
 
最後に、今日のお話を簡単に振り返っておきましょう。
 

まとめ

  • 反射的に言い返したくなっても、一旦停止する
  • 行動するときも、一旦停止してから改めて行動する
  • 一旦停止すると、一時的な感情は抑えられてしまう
  • 心の赴くままに行動せず、コントロールして良い感情を育む

 

あとがき

怒りを誰かにぶつけたりしてイヤな気持ちになるのは、ほかならぬ自分なんですよね~

一旦停止することで、悪い感情が少しでも収まるのなら、訓練した方がよさそうです。

そのうち、簡単に一旦停止できるようになればシメたもの。

いつもニコニコと穏やかに生きていけたらいいな~と心から思います♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 

 

このブログの運営者Nanacoってどんな人?

詳しいプロフィールはこちらから


Have fun!の公式LINEはじめました。

ブログの更新情報はもちろん、ブログに書ききれない話もこっそりお届けします。

友だち追加

お友達登録はこちらから↑ お気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク