きらッコノートさんで記事が紹介されました

ホ・オポノポノでいうインスピレーションの意味は?

こんにちは。いろいろ知りたがりのNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「インスピレーションの意味は?」

「インスピレーションと直観は違うの?」

 

ホ・オポノポノが好きな人ならよく知っている言葉、インスピレーション。

私たちが自分自身をクリーニングしていると、神聖なる存在からインスピレーションがやってくるんでしたよね。

そして、そのインスピレーションに従って行動できたら、私たちが本来もっている力を存分に発揮できます。

だからホ・オポノポノではインスピレーションに従った行動を勧めているけど、そもそもインスピレーションって何?

最近は英語をそのまま日本語にすることが多いので、意味が今ひとつわかっていないことがありませんか。

なんとなくわかった気になるのは私の得意技だけど、これはちゃんと知りたい!

ということで、今日はホ・オポノポノでいうインスピレーションの意味について見ていきます。

スポンサーリンク

インスピレーションの意味は?

クリーニングしてゼロの状態でいるときに、神聖なる存在から届くインスピレーション。

ホ・オポノポノでは、インスピレーションの意味を「霊力」としています。

 

インスピレーションを英語で書くと inspiration

辞書にのっている日本語訳は、

  • 霊感、啓示
  • ひらめき、素晴らしい思いつき
  • 刺激、鼓舞
  • 吸気(息を吸い込むこと、吸い込んだ息)

などなど。

nanaco

私には霊力よりひらめきの方がしっくりくるな〜

inspiration は、ラテン語のspirare「息をする、呼吸する」から派生した単語で、もともとの意味は「息を吹き込まれること」

…え、息を吹き込まれること?

なんかゾクッとしました。

何か素晴らしいことを思いついたりするのは、神から息を吹き込まれた時なんですね。

ホ・オポノポノでインスピレーションといっている意味がよくわかりました。

 

ところで、インスピレーションと直観は違うの?

次でみていきますね。

インスピレーションと直観

インスピレーションと直観は、同じものではないのか。

そう思った人も多いかもしれません。

私も同じだと思ってました~

nanaco

ホ・オポノポノでいうインスピレーションは、ゼロの状態からくるもの

これまでの過去の記憶にない新しい情報です。

それに対して直観は、過去の記憶からくるもの

アイデアが湧き上がる源がまったく違ったんですね。

 

直観は英語で intuition

inspirationとは違う英語でした。

読み方は、イントゥイションという感じ。

辞書にのっているintuitionの日本語訳は、

  • 直観、直感、勘
  • 知識、洞察

intuitionの語源は、ラテン語のintueor「目を向ける、注視する」から。

おおー、これもよくわかります。

inがあるから、自分の中に目を向けているわけです。

直観が過去の記憶からくるというのもうなづけますね。

 

インスピレーションはゼロからくるまったく新しいもの。

直観は自分の中にある情報からくるもの。

 

ということで、意味の違いはわかったけど、それがインスピレーションかどうかわかるの?

次で見ていきます。

スポンサーリンク

インスピレーションとわかるの?

ふと思い浮かんだことがインスピレーションなのか、直観なのか…

残念ながら、それは私たちにはわかりません

nanaco

わからないんかーい!

それじゃあ、インスピレーションと直観の違いを知ったところで意味ないじゃん!

まあ、そう言ったら身も蓋もないんだけど…

 

私は何か思い浮かんだらインスピレーションか直観かわからなくても、なるべくやってみることにしています。

どちらかわからないなら動いてみるしかないですもんね。

別に動いたことが違ってたとしても、それはそれで仕方がない。

次のはインスピレーションかもしれません。

私にできることは、クリーニングしてインスピレーションがくる確立をあげておくこと。

それしかなさそうです。

 

では、今日のお話を簡単に振り返っておきましょう。

まとめ

  • ホ・オポノポノでのインスピレーションは霊力
  • インスピレーションと直観は違う
  • インスピレーションはゼロからくる全く新しい情報
  • 直観は過去の記憶からくる情報

あとがき

インスピレーションという言葉は呼吸に関係していました。

ホ・オポノポノでも呼吸は大切で、独自の呼吸法もあります。

アニメでも水の呼吸とか雷の呼吸とか…やっぱり呼吸は大切でしたね。

今日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です