きらッコノートさんで記事が紹介されました

「食べて、祈って、恋をして」私が選んだ名言を英語でもご紹介!

こんにちは。海外に住みたいNanacoです。このブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

「食べて、祈って、恋をして はどんな話?」

「食べて、祈って、恋をして の名言は?」

 

「食べて、祈って、恋をして」は、人生に行き詰まった30代の女性が、自分を見つめ直すために海外を旅する物語。

著者の実体験を綴った本は、アメリカでベストセラーとなり、2010年にジュリア・ロバーツ主演で映画化されました。

 

泥沼の離婚劇に悩み、次の恋愛もうまくいかず、すべてから逃れるように海外へ旅立ちます。

イタリアではイタリア語を学び、インドではアシュラムで瞑想し、最後にバリ島へ。

1つの国に4ヶ月間滞在し、全部で1年間過ごす計画です。

慣れない土地での生活、文化の異なるの人々との出会い、様々な経験を通して、彼女が得たものは?

 

小説「食べて、祈って、恋をして」のサブタイトルは「女が直面するあらゆること探究の書」

私は本のほうが面白かったので、本の内容を中心に私が選んだ名言を英語を交えてご紹介します。

 

スポンサーリンク

神様に頼んでみる

イタリアに旅立つ前に、夫との離婚にケリをつけたかったリズ(エリザベスの愛称)

かれこれ1年半もの間、夫は離婚に応じてくれず、弁護士を介しての話し合いが続いていました。

そんな時に、友人が「神様に頼んでみれば?」と言います。

If you were to write a petition to God right now, what would it say?

もし、今すぐ神様に嘆願書を書くとしたら、なんて書く?

 

if S were to 動詞の原形 :  仮定法未来の表現

未来のことで「ほとんどあり得ない」と思っている時に使う仮定法です。

神様に嘆願書を書くことなんて「まずありえない」というわけですね。

本文のほうには、would, could, might, should をつけます。

petition : 嘆願(書)、陳情(書)

what would it say? : 主語のit は嘆願書。

say は、印刷物などに「~と書いてある」という意味になります。

新聞や看板なんかも sayを使いますね。

本来は「それは何と書いてありますか?」ですが、主語のyouから「なんて書く?」と訳されています。

・・・・・・・・・・・・・・

 

「神様に頼む?」と困惑しながらも、リズは持っていたノートに神様あての嘆願書を書いてみます。

そして友人と冗談を言うように、賛同のサインをしてくれる人を思い浮かべて笑いあいました。

気持ちが楽になり、すっかりリラックスしていると、なんと夫が離婚に応じたという連絡が入るのです。

nanaco

おーーっ

実話ですよ

もうどうすることもできない。そんなふうに思える時は、心を悩ませず、神様にお願いする

そしてリラックスしていれば、いい結果につながるという、よい例です。

 

私にも経験がある

リズは、イタリアで新しい生活を始めても、まだ恋人(夫ではなく次の恋愛)を忘れられずにいました。

何度も思い出しては苦しみ、悲しみに暮れます。

ある日、語学のエクスチェンジパートナーの前で耐えきれずに泣き出してしまった彼女。

状況を理解した その男性は言います。

I understand, Liz. I’ve been there.

わかるよ、リズ。僕も同じ経験をしたことがある

 

■ I’ve been there は「私もそこへ行ったことがある」

それにもう1つ意味があります。

私も同じところに行ったことがある、つまり同じ経験をしたことがあるという意味。

同じような経験をしたら、相手の辛い気持ちがわかりますね。

相手にそっと寄り添える、素敵なフレーズです。

 

次はインドでの名言をみてみましょう。

スポンサーリンク

心を何とかする

インドのアシュラムで瞑想する生活を送っても、心はなかなか鎮まりません。

これまでの人生をかえりみて、まだクヨクヨと考え込んでしまう始末。

見かねた仲間から、自分の考えを選ぶことを学んだ方がいいと言われます。

If you want to control things in your life so bad, work on the mind.

自分の人生を何とかしたいなら、まず心を何とかしろ

 

■ If you want to control things in your life so bad

so bad は、want、need などを修飾して「~したくてたまらない」という意味になります。

正しくは、so badly ですが、話し言葉として so bad も使います。

work on : ~に取り組む、~に働きかける

・・・・・・・・・・・・・・

 

自分の考え方のクセをすぐに変えることは難しいですよね。

でも、自分の思考は自分で選ぶことができます

なにも自分を痛めつけるような思考を選ぶことはありません。

悪い考えは受け入れないと決めるだけでいいんです。

 

問題は自分の内側から

リズは元夫と醜態を晒しあった離婚のことが、いつまでも心にひっかかっていました。

本当は、彼から許されたかったし、許したかったのです。

ある時、瞑想をしていて気づきます。

元夫と話したかったら、今ここで話せばいい。

許されたかったら、今 自分から彼を許せばいい。

You can finish the business yourself, from within yourself.

困難な問題は自分自身で終わらせることができる、自分の内側から

 

■ You can finish the business yourself : あなた自身を強調するためのyourselfですね。

■a(the) business には、やっかいな問題、面倒なこと、の意味もあります。

■ from within : ~の中から、内部から

・・・・・・・・・・・・・・

 

現実に起こる問題は、心の中を変えれば解決します

他の人が絡むと、自分一人では解決できないと思ってしまいますが、できるんですよね。

つい忘れて、現実の方を変えようと躍起になってしまいますが…

nanaco

私も心の中から解決しよう

 

私も30代で1人で海外に行ったりしたので、「食べて、祈って、恋をして」の主人公に共感するところが多かったです。

人生をより良くしようと奮闘する著者に元気をもらいました。

 

※記事中の英語は、原作「Eat Pray Love」を参考にしています。

あとがき

著者は周りの人から「自分探しのために世界旅行なんて」と揶揄されたりもしたそうです。

でも彼女は「自分自身が幸せであることも立派な社会貢献」だと言います。

「私が世界のためにできる一番の方法は、この幸せをみんなに分けてあげること」

これも名言ですね! 私もこの考え方を採用していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です